映画・アドヴェンチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャー

Backtofuture ■1985年アメリカ映画

制作総指揮:S・スピルバーグ

監督:R・ゼメキス

出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド

本編:約116分

この映画、初めて観たのは・・・今から約17~18年前、弟がレンタルで借りてきたビデオだった。当時、ハリウッドの大作映画は大袈裟すぎて好んでなかったのだが、せっかく借りてきたんだから、ってことで観たのである。しかも、パート1~3までの3本ぶっ続け!いやはや・・・ぶっ飛んだ面白さでした!この映画でハリウッド作品に目覚めたと云っても過言ではありません。

GWで暇してたトコロに・・・数年前に購入したBTFコンプリート・ボックスが目に入り、「あ、久々観てみようかな?」と観始めたら、マルッと1本、最後まで観てしまいました。これも久々!最近の映画って、映像はすごいのにストーリーが・・・って、意外とぶっ続けで2時間観る機会減ってたんですよね。

やっぱり傑作映画ってのは何度観てもワクワク・ドキドキします。

ストーリーは・・・

1985年、高校生のマーティ。

近所に住む科学者ドクの作ったプルトニウム(原子力)を燃料とするタイムマシン・デロリアン号の実験中、テロリストに襲われ(ドクはテロリストをダマしプルトニュウムを手に入れたのだ)1955年へとタイムスリップしてしまう。

マーティは過去の世界で、偶然から・・・両親の出逢いを邪魔してしまう。両親が出逢い、恋に落ちなければ、自分の存在が消えてしまう!頼れるのはただ一人、若き日のドクだけだ。

はたしてマーティは、両親の恋愛を成熟させ、更に1985年の未来へと帰れるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)