« StagePass | トップページ | ユニコーン »

Stage Pass使用続報

Stagepass

Stage PassはiPhone&iPad用の音楽再生アプリである。
通常の音楽再生アプリのように「良い音」で聴くためのものではなく、「ライブ音響の再現」を目的としたアプリなのだ。

ライブ音響の再現」、ここは重要だ!

期末テストには出ないだろうが、敢えてもう一度言おう、ここは重要だ!
この部分には赤ペンでアンダーラインを引いといたほうがいい
ただし、わたしの言うことを真に受けて本当にアンダーラインを引いても責任はもたない。
自己責任でお願いします。

なので、音楽を高音質で聴くためのアプリを探している方にはまったく的外れなアプリである。

さて、余談はこのへんにしといて、実際に使用した感想を発表しよう。

まず、AppストアのStage Passの紹介文にあった内容、たしか、イヤホンをして体感してくださいという内容があったように記憶している。
記憶しているというのは、改めて確認していないということだ。

だからって、確認しろよ! ってツッコミはご遠慮願いたい。

とりあえず記憶しているからよかろうなのだ。※カーズ風に。

さっそく、イヤホンはしないで体感してみた。
イヤホンしろよって記憶してるのに「しない」で確認する。
何ごとも試してみたい性分のスターダストです。

使用機種は、iPhone5である。

結果は……
聴けたもんじゃない

モゴモゴとこもった音で、どの曲が再生されているのかさえ分からない。
いや、スマン、嘘だ。
自分で再生したんだから、どの曲が再生されているかは分かっている。

とりあえず、イヤホン無しで聴くべきではない。

って言うか、どの音楽再生アプリを使っても、iPhoneのスピーカー自体が「聴けたもんじゃない」って気もする。

次に、通勤時の車内(マイカー)で聴いてみた。
FMトランスミッターに飛ばして、カーステレオで聴いてみたのだ。

FMトランスミッターの35ピンにLightningピンヘッド(アップル純正)を繋いで使用した。
わたしは普段はiPodクラシックをFMトランスミッターで使っている派である。
……そういう派閥があれはの話だが。

結果は、やはり聴けたものじゃない

iPhone5のスピーカーより断然ましだが、ゴモゴモとこもった感が強い。
ゴモゴモとこもった感はよいとしても、ライブ感をまったく感じないのはいただけない。
ただ単に音が悪いだけだ。

やはり、Appストアの紹介文通り、イヤホンで聴くのが良さそうだ。
やれやれ、貴重な時間を無駄にしてしまった……。

だからあれほど「試す」のは無駄だからやめときなさいって言ったの。
あなたって人の言うことを素直にきけないのね。昔っからそう!

そんな幻聴が聴こえてきそうだ……。
まあ、実際にそんな幻聴が聴こえてきたらこんなブログなんて読んでいないですぐに病院に行くか宗教団体の教祖にでもなった方がいいだろう。

幸い、わたしにはそんな幻聴は聴こえていないのでブログを続けさせていただこうと思う。

さて、それじゃ今度はイヤホンをして聴いてみようじゃないか。
ってことで取り出したのが3つ。

最初は、普段PCを使用する時に使っている「パナソニック」のヘッドフォン?

L243519031
何て言うんだ、こういう形状のもの?
イヤホンではなく、耳に引っかけて使うタイプのものだ。

特徴としては、低音がほとんど無く、高音がシャカシャカと耳障りな「買って失敗したな」って音の一品だ。

いや、このタイプのヘッドホン全てがシャカシャカなのではない。
たまたまこれがシャカシャカなのだ。

前に使ってたヘッドホンは音が良かった…が、甥っ子が「これくれ!」って言って強制的に持って帰ってしまったので、しかたなく買い直した一品だ。

まあ、PCで使う分には問題ないが、iPodで使うとシャカシャカ音が強すぎて床に叩きつけたくなるような代物である。

なぜ、敢えてこれを選んだのか?
それはStage Passの音がモゴモゴとこもった音になるからである。
もしかしたら、このイヤホンならいい感じになるかもしれないぞって思ったわけだ。

とりあえず、試してみないと気が済まないタイプなのだ。

もう、あなたって昔っからそう!
と、そんな幻聴が聴こえる前にさっそく試してみる。

結果は……なんとも微妙だ。
確かにライブ感は出るが、場所(54か所の会場プリセット)によってはシャカシャカ音が強くなりただの耳障りな騒音になってしまう。

まるでヘッドホンの隙間からもれてきた音を聴いてるような感覚である。

次に、耳の中に突っ込むタイプのイヤホンで聴いてみる。
そう、穴に入れるタイプだ、でゅふふ。ぶひぶひ。
スマン、ただの下ネタだ、軽く受け流していただきたい……。

これは、名前すら知らない三流メーカーのイヤホンである。
わたしは本来、イヤホンを耳の穴に入れるのは嫌いなのだ。
どうせ穴に入れるのなら、違う穴に、別のモノを…でゅふふ。

おっと、これ以上下品な下ネタをブチ込むと可憐な女子高生が頬をポッと赤らめてブログを閉じてしまう可能性があるので先に進むことにしよう。

このイヤホンは、重低音再生仕様っていう触れ込みで購入したものだ。
ちょっと形状が変わっていて、イヤホン自体に奇妙な突起物が付いてて、何とも形容のしようがない。
形容のしようがない為、写真検索も難しい一品である。

21hicjx2qzl__sl500_aa300_と、思ったら一発で検索できたので画像を掲載させていただこう。
メーカーは別物だが、こういう形状のイヤホンだ。

あの突起物がなんとも卑猥……いや、奇妙である。

で、実際に聴いてみると……これは良い

シャカシャカ音ヘッドホンだと騒音だった音にライブ感が出ている。
ライブ感というか、音響効果が良いってそんな感じだ。

まるで本当のライブを聴いているような錯覚に陥る時がある。
このアプリは重低音を重視したイヤホンで聴くのが正解なのかもしれない。

次に試したのが、普段愛用しているSONYのヘッドホンだ。

31u2g7mzbql__sl500_aa300_これは高価なものではなく、3000円くらいの一品だ。

特徴としては、とにかく重低音が強調される。
いや、高音がバッサリ排除されるって表現に近いかもしれない。

それくらい低音重視のヘッドホンである。

PCで使うと「ぬわっ! 音がくぐもって最悪!」と思ったが、高音がシャカシャカするiPodクラシックで使うといい感じにゴージャスな音を出してくれるのだ。

試した結果は……これもいい感じだ

やはり、Stage Passは低音重視のイヤホンで聴くのが良いようだ。

と、わたし的にはかなりお気に入りの音楽再生アプリなのだが、実際に試してみて気が付いたことがある。

このアプリ、開発者が実際にライブ会場に足を運んで2年の歳月をかけて音響を再現したアプリだそうだ。
つまり、開発者はとにかく音楽が好き・ライブが好きって方だということだ。

使う方も、音楽が好きって人じゃないと意味が無い(ように思う)ってことではないか?

ってのは、通勤時にFMトランスミッターで再生した時に感じたのだ。
BGMとして音楽を聴くには最低のアプリだな……ってこと。
※音響を再現するためか、通常の再生アプリより音が小さい気がする。

ただ、音楽を聴きたい人には意味が無いアプリだなって感じたのだ。

このバンドがライブを演ったらどんな音になるんだろう?
この曲をライブで聴いてみたいなぁ。

そんな聴き方で好きな音楽を聴ける人にはお勧めのアプリなのだ。

で、実際にわたしが試し聴きしてみたのは……

ビートルズ
ローリングストーンズ
ブルース・エクスプロージョン
ミッシェル・ガン・エレファント
ザ・ピロウズ


この5ミュージシャン。

気がむいたら、実際にどんな感じに聴こえるのか良し悪しをレビューしたいと思っている。

……しないのかよ! ってツッコミは今回は無しってことで。
申し訳ない。

|

« StagePass | トップページ | ユニコーン »

★お勧めiPhone & iPadアプリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199372/53879898

この記事へのトラックバック一覧です: Stage Pass使用続報:

« StagePass | トップページ | ユニコーン »