« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

彼岸島

511u2bk5wfl__sl500_aa300_「彼岸島」である。
実は、わたしはこの漫画に興味があったわけではない。
って言うか、その逆で読む気さえしていなかった漫画である。

そんなわたしが、この「彼岸島」を(現在時点で)13巻まで読んだ。
読んでみての率直な感想は、意外と面白い。

彼岸島は全33巻が発売されている漫画である。
まだ完結していない。
「彼岸島~最後の47日間~」とタイトルを改め続行中だ。
20世紀少年が21世紀少年になって続いたようなものか?

この漫画を読んだきっかけは甥っ子に勧められたからである。
「面白いよ」と言っていたので読んでみた。

ココから先は物語のネタバレがあるので注意していただきたい。
テレビドラマも始まったようなので、漫画を未読の方は先は読まない方が良いだろう。

この漫画がどんな物語かというと、行方不明になった兄を探しに「彼岸島」に行ってみたら、そこは吸血鬼が占拠する脱出不能の恐怖の孤島だった……という感じだ。

「へぇ? ホラー漫画なのか?」って思ったら、あらビックリ!
ツッコミどころ満載の何とも形容が難しいジャンルの漫画である。
まあ、そこらへんはウィキペディアやニコニコ辞典などで詳しく解説されている。

わたしが読む気すら無かったのはそのためだ。
シュール・ギャグ・ホラーみたいな紹介であった。

実際に読んでみたら、まぁ~確かにツッコミどころは満載だけど「ギャグ」までは行ってないんじゃない? って感想である。

「呪怨」の清水監督が言っていた「ホラー映画っていうのは怖くすればするほどギャグになる」的なニュアンスのコメントを思い出した。
恐怖と笑いは紙一重で、映画「呪怨」を撮影してる際に、恐怖演出のありえねぇ~感に笑いがこみあげてきたってそんな感じの話である。

まあ、それは置いといて。

確かにツッコミどころ満載なのだが、わたしが普通にこの「彼岸島」を読めたのは昭和育ちだからかもしれない。
昭和の漫画やドラマってのは平成の(最近)ものと違い、明らかにフィクションな作品が多いって思うのだ。

昭和の刑事ドラマでは、犯人が逃走すれば都合よくそこにタクシーがやって来たり、エンジンのかかったバイクや自動車が近くにあったり、工事現場には必ず鉄パイプが落ちてるし、ピンチになると必ず仲間が助けにきてくれる。

昭和の漫画はさらにご都合主義な展開である。
「魁男塾」なんて、ありもしない事実をまるで真実のようにでっち上げてたし、「キャプテン翼」では小学生や中学生がゴールポストの上までジャンプしたりするのである。
少年漫画に変なリアリティは必要なかったのだ。
剣崎順が必殺のギャラクティカ・マグナムを発電所であみ出したなら、同時にギャラクティカ・ファントムだってあみ出しているのである。
本人がそう言ってるからそうなのである。それが昭和漫画のルールなのだ。

それでも人気漫画だったのである。

彼岸島の至る所に「丸太」があっても「日本刀」があっても、初期設定がことごとく無視されたりしても、島の尺度が物理的法則を無視しても、何十年も昔の戦時中の日本兵が吸血鬼のまま生存してても、意味不明な「はぁはぁ」が随所に登場していても、主人公が8ヶ月の修行で無双になっても……面白けりゃいいじゃんなのである。

ただし、この漫画を「ホラー漫画」だと思って読むとショックを通り越して笑いが込み上げるかもしれないので注意していただきたい。

そして思うのだが、この漫画を原作にしたドラマがどうなるのか?
以前に制作された映画は……なんともはやって作品だったそうだ。
今回のドラマはどうだろう?
※実はわたしの住んでいる地方都市ではまだ放送されていない。11月4日から始まるらしい。
見せ方にによっては「恐怖作品」になるかもしれない。
丸太や日本刀や江戸時代的農民吸血鬼や忍者的人間やシュールすぎる邪鬼ビジュアルなどなど、実際の映像(しかもテレビドラマの予算で)にすると怖そうな気がする。

ただ、吸血鬼の親玉が栗原類ってのは……微妙な気がする。

おっといかん、漫画の詳細紹介を忘れるところだった。

わたしがこの彼岸島を面白いと思ったのは(ツッコミどころは忘れて)吸血鬼の設定である。
現在の吸血鬼は「伝染病」で血液感染する。
つまり、吸血鬼は病気なのだ。
病気が進行すると「吸血鬼」ではなく「邪鬼」と呼ばれる理性のない化け物や「亡者」と呼ばれる不気味な化け物に変化してしまう。

その病気の進行を止める治療薬が「人間の血」なのである。

本来の吸血鬼は「血族遺伝的な病気」であった。
吸血鬼は吸血鬼の一族にしか発症せず、発祥した時点の年齢で成長が止まる。

さらに人間は吸血鬼に血を吸われても「吸血鬼にはならず」、逆に吸血される人間には麻酔作用快感が伴い、昔の彼岸島では「吸血鬼と人間は共存していた」という。
人間は吸血時に得られる快楽のため、進んで血を与えていたという。
戦時中の話である。
その吸血鬼の噂を聞きつけた日本軍が島にやってきて人体実験を行った結果、吸血鬼は血液感染する「伝染病」へと変化してしまった……というのだ。

もちろん日本軍は万が一の事態に備え「治療薬」も作っていた。
吸血鬼を「本来の状態」に戻す薬である。
本来の状態とは、血液感染しない一族遺伝の病気に戻すってことだ。
それを手に入れるため、主人公たちは旧日本軍の施設へ潜入……というのが今現在わたしが読んでいるところである。

まあ、ツッコミどころ満載で初期設定や伏線無視の漫画なので、治療薬も怪しいものだが……。

ということで、興味のある方は是非、読んでみていただきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Plague Inc.

130404_plagtop「Plague Inc.」
iPhone & iPad 対応アプリ
最近、日本語対応になりアップルストアの有料ゲームアプリランキングで上位を独走しているアプリである。
わたしが購入した時点では100円だったが、円安によるアプリ金額の見直し後は値段が上がっているかもしれない。

日本語に対応してゲームのタイトルが「Plague Inc. ~伝染病株式会社~」となったようだが、直訳か? まあ、ゲームの内容そのままって感じである。
世界中に伝染病を撒き散らして人類を絶滅に追い込むシミュレーション・ゲームである。

実は私は「ゲームアプリに金なんて出さないし!」をモットーにしているスマホ・ユーザーである。そんなわたしが、なぜこのゲームを購入したのか?
たまたまの偶然の何となくである。どうかしていたんだよ、仕事で疲れて部屋でiPhoneいじっていた時、何となく気になって「まあ、100円ならいいか?」ってそんな感じである。

だが、買って正解だった、100円ではお釣りがくるくらいに面白い、ハマりまくっている。
それまでやってた「ぷよぷよクエスト※ユーザーランク62、完全無課金プレーヤー」がぷよクエを一時休憩してまでヤリまくっているゲームである。

ただし、言っておくが、わたしはシミュレーション・ゲームが好きだってことだ。
ゲーマーじゃないけど、バイオハザードトゥーム・レイダーフロント・ミッションシムシティDSはやりまくったヒトである。格闘ゲームとアクション・ゲームは苦手なヒトである。

さて、そろそろ「相変わらず余談ばかりで先にすすまないわねぇ~」とこのブログを読んでる美人女子大生が別のページに行ってしまうと困るので本題に入ろう……。

さて、このゲームがどういうものか?
「バクテリア」「ウイルス」「真菌」「パラサイト」「プリオン」「ナノウイルス」「生物兵器」これらを使って人類を滅ぼすゲームである。
使って滅ぼすという表現は正しくないかもしれない。
実際にプレイした感じは「自分がバクテリアになって人類と戦う(滅ぼす)」といった感覚である。決して細菌兵器をばら撒いて人類を抹殺みたいな感触は無い。
プレイ開始時に自分がどのタイプの伝染病になるか選択してプレイ開始である。わくわくするぜ~である。

ゲーム画面は、ただの世界地図である。以下がゲームの流れだ。

①自分が「伝染病」になり、任意の国(プレイ開始時に選択)の一人に感染する。
②感染すると「DNAポイント」という点数が溜まり始めるので、その点数を使って「感染」「症状」「能力」の3つのパラメーターを高めていく。※のちほど詳しく説明しよう。
③パラメーターを高めることで「伝染病」が世界中で感染し、人類を滅ぼしていく……。
④人類を全滅させれば「勝ち」、全滅できなければ「負け」である。

ゲームを始めると、各伝染病タイプごとに「イージー」「ノーマル」「ハード」の3モードがある。
その中から好きなモードを選択する。
購入時(初プレイ※当然だが無課金)に使用できるのは「バクテリア」のみである。

「イージー」モードは初めてプレイするヒト用のオサワリ的なモードである。
三度の飯よりシミュレーション・ゲームが苦手なヒト以外は簡単にクリアできるだろう。
「イージー」モードをクリアすると、DNA変異ボーナスが追加される。※わたしが勝手にそう呼んでいるものである。
ゲームを進めるうえで優位なオプション機能みたいなものだ。
例えば、乾燥地帯で感染するとDNAポイントが増える……的な? そういう遺伝子情報を自分に組み込むことができるようになるのだ。

言ってる意味がサッパリ理解できないわって女子大生に怒られちゃいそうな解説である……。申し訳ない。

「ノーマル」モードも基本的な流れは同じだが、イージーモードほど甘くはない。人類の抵抗力が高くなっている。
バクテリアの「ノーマル」モードをクリアすると「新しい伝染病タイプ」である「ウイルス」がプレイできるようになる。DNA変異ボーナスも追加される。

「ハード」モードはまだ一度も勝っていない……。

とりあえずわたしは現在「ナノウイルス」のノーマル・モードにチャレンジ中である。

ちなみに、それぞれのノーマルモードをクリアしなくても、追加課金することで各伝染病タイプを解放することができるようだが、戦略を練ってクリアを楽しむシミュレーション・ゲームで課金して新ステージを入手しても面白くないので課金は必要ないだろう……というのが持論である。

さて、このゲーム、実にシンプルな作りで、自分(伝染病)の能力を高め、世界中に伝染する様子を眺めるだけのゲームだ。※画面参照

American_exports_22909_nphd赤く色が変わっている部分が伝染した地域である。世界中を赤に変えて全世界に蔓延していこうってなもんだ。
画面には表示されていないが、感染者数死亡者数が画面の下に表示される。
実は、たったこれだけなのシンプルゲームにハマっている理由は……ズバリ!戦略性の高さでしょう!
思わずちびまるこちゃん風な喋り方になったことをお詫びしよう…。

ノーマルモードをクリアするには、かなりの戦略が必要になってくるのだ。

それが「感染」「症状」「能力」のパラメーターである。

「感染」の方法は、鳥や昆虫や家畜、飛行機や船、血液感染など、それぞれの項目を強くすると感染力が高くなり、より早く世界中に感染させることが出来る。
「症状」は感染するとどんな症状が発症するのかを決めて行く項目である。項目を強くすると致死率が高くなっていく
「能力」は自分の能力である。寒さに強い暑さに強い、薬への抵抗力などなど…。

ゲーム中にもらえる「DNAポイント」をそれぞれに振り分けて自分を強くしていくのだが……。もらえるポイントは無限ではない。
どのパラメーターをどれくらい高くするかを戦略的に決めなければならないのだ。

「???」となった美人女子大生は多いだろう。
「なに言ってんのこのヒト、キモッ!」って思った女子高生も多いだろう。
「なんかさぁ、こいつ、ヤバくね?」と思ったDQNも多いだろう。
「いいから仕事しろ!」と思った課長も多いだろう。

だが、それでもこのゲームには戦略が必要なのである。
それは、人類が対抗策として「Cure(治療薬)」を開発するからである。
治療薬が完成するまでに人類を全滅しなきゃいけないのだ。

感染力ばかりを高くすると、肝心な時に致死率を高くできず、能力が低いとすぐに治療薬が完成されてしまう。
致死率を高くしすぎると、人類を滅ぼす前に感染者が全滅する(伝染する前に感染者が死亡する)。
感染力が低いと世界中に感染することが出来ない。
症状を出すと病気の存在に人類が気付き治療薬の開発を始める。

各伝染病タイプごとにこれらパラメーターの数値をどうするか調整し、人類に滅ぼされる前に人類を滅ぼす! やられたらやり返す、倍がえ……いや、何でもない。

と、まあ、思った以上に戦略性が高く楽しめるシンプル・ゲームなのだ。ついでにBGMと効果音が不気味で良い。まるでバイオハザードのオープニングのパクリ……いや似た雰囲気である。

わたしが手こずったのは「ウイルス」のノーマルモードだ。
とにかく、人類に気が付かれたら、治療薬の開発が早くて困る。
しかもウイルスは自分勝手に突然変異して症状を悪化させてくれる……。

ここをクリアすると、一気にナノウイルスまで進んだ。
しかしナノウイルスは最初から人類が治療薬作りやってるから…まだ攻略方法を見つけられずにいるのだ。

すでにweb上には攻略方法サイトも多いが※ゲーム自体は1年前からあるので、できれば攻略サイトなどは見ないで人類を滅亡に導いてあげたいものである、いっひっひ。

おっと失敬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストップモーションスタジオ

Screen568x568iPhone、iPadアプリ 「ストップモーションスタジオ」
ストップモーション・アニメーションを作成するアプリである。
ストップモーション・アニメとは、簡単に言うと写真をパラパラ漫画のように連続再生して動画にする…って感じである。

作った動画はカメラロール保存やユーチューブ、フェイスブックなどへ直接投稿が可能である。

百聞は一見にしかず。
2013年10月9日時点では無料配信されているアプリなので試していただきたい。

ただし、無料版は基本機能だけで、特殊な加工などは別途購入しなければならない。
わたしは基本機能を使って一発で気に入って、すぐに機能パック全て購入した。
まあ、それでも350円程度である。

このアプリの良い点は、操作が簡単で分かりやすく、実際に使ってみると何となく扱い方を理解できるというところである。逆に悪いのはヘルプが全て英語だってことだ……。
一応、サンプル動画でチュートリアル的なものが紹介されている。

わたしのようなモノ創り大好き君には嬉しいアプリである。
ピングーやチェブラーシカのようなアニメが自分で創れちゃうのである。

さて、このアプリ、使い方は簡単なのだが、なにせ説明書の類が付いていない。
いや、付いてるが英語である。

なので、お節介にもここで紹介したいと思う。
紹介といっても詳細な使い方は省略して、出来ることを紹介しようと思う。

画像撮影について
撮影する際、画面左にあるスライダーを動かすと前に撮影したコマを重ねて半透明で表示させることができる。
自動でシャッターを切る(連続セルフタイマー機能)ことができる。
自分のフォト・ライブラリから好きな画像を挿入することができる。※ただしサイズは自動でトリミングされる。

そして、これが一番の「???」ポイント、グリーンスクリーン撮影が可能だということだ。
グリーンスクリーンというのは、特撮映画好きならピンとくる言葉だと思うが、映像を合成する際に、役者さんがグリーンの背景の前で演技する、あの撮影方法である。
グリーンの背景部分を他の画像に差し替えることができるのである。

実際に、ストップモーションスタジオのアプリでもそれが可能である。
試してみた。
グリーンの背景紙を用意して、その上にフィギュアを置いて画面を見ると、実に見事に背景が真っ黒になってフィギュアだけが切り抜かれた状態になっている。
※このまま撮影すると背景が真っ白になる。
そこで画面中央下にあるスライダーの(ような)絵の付いたボタンを押すと、背景画像をカメラロールから選択可能である。
つまり、好きな画像を背景に合成することが出来るのである。

これは使い方の解説が無いので困った機能であった。
幸い、映画好きなわたしは「グリーンスクリーン」が何か知っていたので、何となく使い方を想像して試してみたらビンゴであった。

効果音について
アプリ付属の音楽と効果音を3つまで重ねることができる。
例えばBGMと、効果音を2つ、同時に鳴らすことができるということだ。
BGMに関しては、自分のiTunesライブラリの曲を挿入することも可能である。
ただ、効果音なのかBGMなのかはアプリが自動的に判断するようで(たぶん音の長さだろう)これに関してはまだまだテスト中である。

実際にテスト作品を作ってみた。

ホコリを被って眠っていたガンダムのフィギュアを引っ張り出して撮影した。実に面白い、面白すぎて休日がつぶれてしまったくらい夢中になった。
ペンタブとSAI(ペイントソフト)を使ってパラパラ漫画のような連続イラストを描いてみた。カメラロールから取り込んでアニメのように再生してみた。
これは思ったほど面白くなかった。
ストップモーションスタジオは実際に撮影したほうが味があって面白い映像ができるようだ。
パラパラ漫画も実際に紙に描いて撮影したほうが良さそうだ。
手ブレの感じが温かい味になるようである。

| | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »