« 特集 ミッシェル・ガン・エレファント 第6回 | トップページ | 特集 ミッシェル・ガン・エレファント 第8回 »

特集 ミッシェル・ガン・エレファント 第7回

Cocp50001「GEAR BLUES」
1998年に発売されたミッシェル・ガン・エレファントの4thアルバムだ。

超個人的な独断と偏見であえて言うと最高傑作と呼ぶべき部類のアルバムだと思う。そう、最高傑作なのだ。念のためにもう一度言おう、最高傑作だ。

こんなこと書くと、また「最高傑作は言い過ぎでは?」なんて批判的意見をもらいそうだが、だって個人的な意見なんだからしょうがない。

前3作と比べ、格段に楽曲のクオリティが高い
そしてアルバムとしての流れも抜群に良い。
洗練されている。
だからと言って歌番組やヒットチャートを意識して媚びを売った作風ではない

そう、もちろん、ミッシェル好きのわたしの個人的意見だ。

オープニングの「ウエスト・キャバレー・ドライブ」は前3作からの流れを継承した、どことなく怠い雰囲気の漂うアップテンポなロック・ナンバー。
ただ、今までとは決定的に違う部分がひとつ!(個人的感想)

実は、これがわたしの心を捕えて離さないポイントなのである。

それは、チバユウスケさんの唄い方の変化である。
実は、この「ギア・ブルース」からチバさんの唄い方が大きく変わったのである。(とわたしは思っている)

巻き舌である!

ラ行の発音時に巻き舌が多用されているのだ。
巻き舌歌唱法! とにかく下品で威圧的で凄みがあってイイッ!
実は、わたしはこの巻き舌の威圧的な唄い方が大好きなのだ。

初期の椎名林檎と同じような歌唱法だ。当然チバさんの巻き舌の方が先だけど。

そして、2曲目の「スモーキン・ビリー」も巻き舌連発だっ! カッコいい!
アベさんのカッティング・ギターに、この巻き舌ガナリ声ヴォーカルをやられた日にゃ、も~どうしましょって感じである。
流石に爆発的人気を誇るシングル曲だけあって、何度聴いても飽きることがない。
事実、わたしが初めて聴いたのは16年前だが、今でもヘビーローテーションでiPodから流れている楽曲である。カッコよすぎて飽きてる暇がない。

ちなみに、「スモーキン・ビリー」のカップリング曲「ジェニー」はアルバム未収録の楽曲だが、わたしが嫌いな曲のひとつである。
別に曲が嫌いなのではない。ミッシェル楽曲史上で唯一じゃないだろうか? フェード・アウトで終わる楽曲なのである。
ミッシェルの曲のカッコ良さは、全てきっちりと演奏が完結することだと思ってたのに!

そして続く「サタニック・ブン・ブン・ヘッド
なんかフザケたタイトルに感じるだろうが、楽曲はもっとフザケている。
ヴォーカルは、ただひたすら「サタニック・ブン・ブン・ヘッド」と繰り返すだけの曲である。
だが、その後ろで奏でられる演奏のカッコいいこと壮絶なことっ!
まあ、ヴォーカルも楽器の一部ってことでやってるインスト曲らしい。

そして「ドッグ・ウェイ」のミッシェル・ブルーズ・ロック。
とにかくドスの利いたチバ歌唱とアベギターが凄まじい。

フリー・デビル・ジャム」はとにかくハイテンションなロック・ナンバーだ。
相変わらず歌詞の意味は理解不能だが、「うなる頭蓋骨」なんてフレーズが出るんだから嫌いになれるわけがない。
ついでにこの楽曲「あわてふためいてやれ魂だとか~」のパートはチバさんではなく、ドラムスのクハラさんが唄ってます。

そして、わたし的には嫌いな「キラー・ビーチ
とりあえず唄い方が嫌い。歌詞の響きが嫌い。雰囲気が嫌い。なんかノー天気すぎるイメージが頭から離れず今まで16年間、まともに聴いたのが5回くらいって苦手曲。

嫌いな曲の次は大好きな「ブライアン・ダウン」を挟んで理解不能な「ホテル・ブロンコ」。
まあ、インストの曲だが、ゆったりとした流れの中でいきなり登場する「さのばびっち」って歌詞がシュールでついつい聴いてしまう不思議な曲。

そして後半戦、「ギブ・ザ・ガロン
疾走するロックではないが分厚いブルーズ系のロックである。
「ギア・ブルーズ」はこの手の重圧なブルーズ系ロックがカッコいい!

そして続くシングル楽曲「G.W.D」は「がなる・わめく・だれる」の頭文字らしい。
ハイテンションで疾走するロック・チューンだが、シングル・ヴァージョンとは若干ニュアンスが違う。
アルバムではとにかく疾走してるが、シングルではちょっとブルーズ感が強いというかテンポが遅く隙間の多い演奏って感じだ。
じつはこの2ヴァージョン、甲乙つけられないくらいどっちもカッコいい。
ついでにチバさんの唄い方がカッコいい。
アベさんのギターがカッコいいのは言うまでもない。

「G.W.D」のカップリング「ジャブ」は「サタニック・ブン・ブン・ヘッド」と同じく、「ジャブ!」と繰り返すだけの声も楽器だぜ系インスト・ナンバー
そいでもって、アナログ盤には「ジャブ」ではなく、「SICK ON YOU」と言うカバー曲が収録されている。
この曲……わたしが唯一音源を入手できていないミッシェルの曲である。
アナログ盤のみかよ……と思っていたら、2000年に一度、コンピレーションに収録されたことがり、現在そのCDを買うかどうか迷っているところである。

残念ながら「ジャブ」と「SICK ON YOU」はアルバム未収録。

続く「アッシュ」は嫌いじゃないが好きでもないロック・ナンバー。
って言うか、ミッシェル・ガン・エレファントの楽曲の中にバラードって無いよね。
純粋にバラードと呼べるのは最後の最後に出てきた「ガールフレンド」くらい?
この曲「アッシュ」に対する好きでも嫌いでもないって言うのは、多分、激烈大好きな「G.W.D」の次の曲だからかもしれない……。イマイチ、インパクトな無いよね。

そして後半の意味不明楽曲ソウル・ワープ」なのだが、これは意味不明過ぎて好きな楽曲。意味不明な理由は、わたしが歌詞カードを見ない人だから。
わたしは、この当時(1990年代後半)とにかく洋楽に傾倒しておりその流れで歌詞カードを見ない癖がついてしまっている。
歌詞カードを見ないので、実際に「何と唄っているのか、英語なのか日本語なのか」すら理解できていない。というか、それくらい何を唄ってるのか理解不能なのだ。初めて聴いて16年経った今も歌詞カードを見ていない……。

もしかしたら、わたしがいまだにミッシェル・ガン・エレファントの楽曲をヘビーローテーションで聴けるのは「歌詞を知らない」からかもしれない。
いや、でもたぶん歌詞を見ても意味は理解出来ないと思うので今後も見るつもりはない。

そして後半のブルーズ「ボイルド・オイル
この曲もカッコいい分厚い楽曲である。
この分厚さのままいよいよクライマックスかって思ったら、アルバムのラストは何とも軽いイントロから始まる「ダニー・ゴー」である。

「ダニー・ゴー」ってどうしてミッシェル・ファンに人気なのだろう?
わたし的には特に好きなタイプの曲ではない。
カッコいいとは思うけど、不思議と特別な思い入れは無い。

と、最高傑作と言ったわりには最後に思い入れは無いとか言っちゃってるが、これはあくまでミッシェル・ガン・エレファントの全楽曲で比べた時の話である。

ちなみにこの「ダニー・ゴー」はCD盤とアナログ盤ではアレンジに若干の違いがある。
アナログ盤は楽曲が終わった後に、フェード・インでアウトロが始まってフェード・アウトで終わっていくって蛇足のようなアレンジが加わっている。なんでだ?
このアナログ・ヴァージョンは2003年発売のベスト盤で聴くことができる。

さらに余談だが、この時期、「チキン・ゾンビーズ」から「ギア・ブルーズ」までの間にアルバム未収録のシングルが2枚発売されている。
一枚はアナログ盤限定シングル「VIBE ON!」、それとCD盤の「アウト・ブルーズ」である。
「VIBE ON!」「アウト・ブルーズ」は共にベスト盤「TMGE108」に収録されている。
が、どちらもカップリングが入手困難なのが厄介である。

「VIBE ON!」のカップリング「あんたのどれいのままでいい」はCDとしては「GRATEFUL TRIAD YEARS」初回ボックスのボーナスCDに収録されている。「アウト・ブルーズ」のカップリング「SODA PRESSING」はシングル盤のみの収録である。
「あんたのどれいのままでいい」はDL販売でも見たことがないレア楽曲である。

と、まあ、大好きな最高傑作だけに、長いレビューになってしまいました。

|

« 特集 ミッシェル・ガン・エレファント 第6回 | トップページ | 特集 ミッシェル・ガン・エレファント 第8回 »

★お勧めアーティスト」カテゴリの記事

★CDレビュー/個人的名盤」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

音楽・お勧めCDこの1枚!」カテゴリの記事

音楽・アルバム紹介」カテゴリの記事

音楽・チバユウスケ」カテゴリの記事

音楽・邦楽」カテゴリの記事

音楽・90年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199372/53239507

この記事へのトラックバック一覧です: 特集 ミッシェル・ガン・エレファント 第7回:

« 特集 ミッシェル・ガン・エレファント 第6回 | トップページ | 特集 ミッシェル・ガン・エレファント 第8回 »