« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

チバユウスケのしゃがれた声が好きなんです

Theemichellegunelephantgearreissue2初めてミッシェル・ガン・エレファントを聴いたのは、彼らの3枚目のアルバム「チキン・ゾンビーズ」だった。

その当時、わたしは趣味のバンド活動ってのを演っていたり、邦楽には偏見を持っていたり、洋楽を超える日本のロック・バンドなんて数えるほどしか存在しない……なんて、勝手に見識を狭める20代前半の若造だったので許してチョンマゲ……いや、何でもない。

まあ、ミッシェルのことも「ブランキーのパクリ」程度にしか意識していなかったのだ。
ブランキーのパクリのくせに「歌詞がぜんぜんダメじゃん」なんて恐れ多いことを平気で言ったりもしていた。
ただ、当時は自分がギターを弾いていたこともあり、アベさんのギターだけは「凄げぇ!」って思ったりもしていた。

さて、ここで残念なのは、その後、わたしはミッシェルをほとんど聴かなかったということだ。
ホント、洋楽にどっぷりだったからね。

Rosso

チバさんが「ROSSO」を結成した時も、チバと照井のバンド……メインが居ない(まあ、ここではベンジーとアベを指してるのだが)なんて袋叩きレベルの考えだった。

Birthday

実は、ホント、申し訳ないのだが、最近テレビから何気なく流れてきたThe Birthdayの曲を何気なく聴いて「何だこれは!」と背中に電流が走ったので彼らのCDを、これまた申し訳ない話だが、近くのリサイクルショップでまとめ買いしたのである。

改めて、ミッシェル・ガン・エレファントのCDも引っ張り出して聴き直してみた。
ついでに、ROSSOのCDも探して購入した。

イイッ!
すごく好いっ!
チバユウスケさんの酒とタバコで焼けてシャガレた声が実にセクシーなのだ。

そして何より、ミッシェルの頃には感じなかった深い詞の世界。
まるで不良大人のためのお伽噺のような深い詞の世界である。
しかも、ベンジーのように1曲で物語を紡ぐのではなく、インパクトのあるフレーズだけで想像させる物語である。

ミッシェル・ガン・エレファントのように軽快に疾走する初期衝動的な乗りではなく、酸いも甘いも経験した深みのあるロックが、今のチバユウスケなのである。

氷室京介が歳を重ねるごとに、大人の渋みを増して、それが「ダサい」と感じていたわたしが、チバさんの年を重ねた渋さには「鳥肌」である。

ってことで、3カ月近く……ミッシェル・ガン・エレファントとROSSOとThe Birthdayが流れ続けているのがわたしの今の音楽ライフなのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりのHIT商品

さてさてさて、久しぶりのブログ更新なのである。
最近はSNSにばかり気を取られていて、ブログを更新するのサボってばかり。

申し訳ない……。

さて、今日は久しぶりにわたくし的HIT商品のレビューである。
あくまでも個人的な趣向である。

51ajp5h8l__sl160_aa160_

これである。




何が好いのかっていうと、価格である。
お近くの家電量販店で1980円という安さ。
当然、期待はしていなかった。
期待していなかった分、音を鳴らした時に予想以上の音の良さに驚いた。

以前、とにかくチープな音(昔のラジカセをイメージして)で聴きたくて買ったiPod用のスピーカーより数倍音質が良い。

ええと、例えば、iPadで直接音楽を再生するより良い音質をイメージしていただきたい。
まあ、その程度なのだが、期待していなかったから好いのだ。

そして、今回のスピーカー……
おっと、商品名を言ってないし、概要も紹介していなかった。

TMY の「Air Move」という携帯型スピーカーである。
携帯音楽プレーヤーのヘッドフォン端子と接続して音を出すタイプのスピーカーだ。

このスピーカーの特徴は、それ自体がMP3プレーヤーであることだ。
USBメモリーやmicroSDを繋いで(本体に差し込んで)再生ができるのである。
充電式で、充電は付属のコードをPCのUSB端子につなぐだけである。
さらに、イヤホン端子が付いていて、イヤホンで音を聴くこともできる。

ただし、画像からお分りの通り、モノラル出力(スピーカーは1個)である。
イヤホン端子から聴こえる音もモノラルである。
付属のコードも、ウソだろってくらいに細く、今にも切れそうなくらいである。

でも、1980円でこれだけの機能と音質は好い。

久しぶりのわたくし的HIT商品なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マウンテン・ライオン

先日、アップルのappストアからマウンテンライオン(1700円)をDLして仕事用Macをアップグレードしたのです。
ってのが、仕事で使いたいアプリがライオンからしか対応していなかったからなのね。

わたしが使ってたのは、スノー・レオパードでした。

Mac知らずにApple製品を使用している方のために簡単に言うと、ライオンとかレオパードってのはパソコンのOSの名前です。
ウィンドウズだったらXPとか7とか、呼ぶやつね。

ただ、仕事では「ライオン」とか呼ばないのがMacがマニアックなデザイナー仕様だった名残。
わたしの今回のヴァージョンはOS10.8.1ですね。
前に使ってたのがOS10.6.8です。

10.5がレオパード
10.6がスノー・レオパード
10.7がライオン
10.8がマウンテン・ライオン

って、そーなるんですね。

少々マニアックな話ですよね。でも、わたしのようにMac使ってデザインやってる現場では「こんなことも知らない」人が多くて話が通じなく困る場面が多いのです。

まあ、それについては今度ということで、
今回は、マウンテンライオンのここに困ったってお話。

実は、マウンテンライオンは※まだまだ出たばかりなので不具合も多く改善待ちなのだが、かなり出来の良いOSだと感じているのです。
特に、WEBの閲覧や他のapple製品とのつながり。

ただね、もはや仕事向けのOSではなくなった気がするのです。

例えばフォルダ内を下にスクロールして行って、最後まで行くと、壁にぶつかって跳ね返ったようなアクション……不要。目が回るよ。
ついでにスクロールする時だけ出現するスクロールバーの存在。(機能は解除しました)
横は良いけどさ、下はダメ!
ファイルを選ぼうとしたら、下のスクロールバーに邪魔されて、一番下のファイルが選べなかったり。
あとは画面自体のスワイプ。

操作としては便利なことが多いし有りがたい機能なのだけど、画面に集中して仕事をするデザイナーにとっては、意図せず画面が動くのは……。

まあ、実際に使った感想としては(ライオンを使ってないのでご了承を)、
iPadを大きく本格的なPCにしたって感じ。
スノー・レオパードまでは、Macを小さく一般向けにしたのがiPadって認識だったのだけど、立場が逆転しつつある気がする。

多分ね、iPhoneを使ってて、iPadを買って、だったらPCもMacにしようってユーザー向けの仕様に変わってるんじゃないかな…なんて邪推。

Mac使いのデザイナーとしては、マウンテンライオン使ったあとは寂しさが募るってのが感想でした……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »