« アナログ人によるデジタル講座 第3回 リッピング | トップページ | DVDの動画をブルーレイにまとめてみよう 第3回 »

ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン#2

今から約2年ほど前にリイシュー発売されたジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンの90年代作品リマスター盤。

90sROCKを紹介する記事でも触れたが、まさに90年代ガレージ・ロックを代表する3ピース・バンドである。が、彼ら、2004年に発売された作品『ダメージ』を最後に活動休止状態が続いていた。
ジョン・スペンサー自身は他のプロジェクト(?)で音楽活動は続けているが、ブルース・エクスプロージョンは休止だった。だった・・・というのは、今は再始動してるってことだ。多分、してるのだろう。してて欲しいな・・・。2010年のリイシューに触発されて再結成(?)したはずなのだが、何分コアな海外バンドなもので正確な情報が入ってこない・・・。

さて、今回ブログタイトルが#2となっているのは、過去に関連記事を書いたからだ。その続き・・・いや、やりなおしである。申し訳ない。過去の作品を紹介するつもりで#1を書いてたのに、その後すっかり忘れて・・・いや、忙しくて・・・書くのを忘れて・・・いや、休止していたのである・・・申し訳ない。

まぁ、だいたい、そもそも、今の音楽ファンはジョンスペなんて聴いていないでしょ?

さて、前回記事のおさらい・・・いや、書き直しである。
今回のリイシューで発売された作品、6作全て購入した。
実を言うと、私はジョンスペの作品はデビュー作を除いて全て持っていた。

デビュー作の「ジョンスペンサー・ブルース・エクスプロージョン」と姉妹版の「CRYPT STYLE」は当時どこを探しても置いてなくて(私がジョンスペを聴き始めた95~96年頃・・・はっきり覚えていない)購入できなかった作品だ。

「YEAR ONE」
「EXTRA WIDTH」
「ORANGE」
「NOW I GOT WORRY」

「CONTROVERSIAL NEGRO」
「ACME」
「EXTRA ACME」
「PLASTIC FANG」
「FANG PLASTIC」
「DAMAGE」

上記作品の太字5作品とベスト・アルバムが購入した6作品である。
90年代に発売された全オリジナル作品がリマスターされて発売されたのだ。
正直・・・侮っていた。
ガレージロックをリマスターして何になる? って侮っていた。
ぶっ飛ぶくらいの高音質・・・いや、音質はもともと悪い・・・いや粗い・・・ラフ・・・チープ・・・アナログ・・・まあ、ジャンク・サウンドなのだが、とにかく音が良い。

そして何より、各アルバムに収録されたオリジナル・アルバム未収録楽曲の素晴らしさったらありゃしない。もともと好きだったバンドだが、アルバム未収録作を収録してのリマスターは・・・完璧である。

ほぼ全作品が2枚分のボリューム(実際2枚組)である。オレンジは未発表作品というよりもリミックス集って感じだが・・・。ベスト盤を購入したのは、ベスト盤のみの未発表作品収録と、リマスターされていない「PLASTIC FANG」の数曲が収録されているからだ。

おっと、忘れていた・・・ジョンスペの画像を貼っておこう。

Jsbx
見ての通り、むさ苦しい兄貴たちである。ベースレスの3ピース・バンドだ。

彼らの楽曲の特徴は・・・90年代とは思えないほどの攻撃型ジャンク・ガレージ・サウンドと、爆発したブルース・パワーだ。いや、ジョンスペは既存のブルース・ミュージックではないと誰かが言っていた。
例えば、ソニック・ユースやピクシーズ、はたまた90年代ブルースの雄BECKやGラブと根本的に違うのは・・・ジョンスペがPOPなメロディを持っていないという点だ。

耳に残る歌メロフレーズは一切無い。
が、耳に残るリズムと掛け声と雄叫びは多い。
それがジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンなのである。

例えば、彼らの作品を10年以上前から聴いている私ですら、ジョンスペの代表曲ってどんな曲? と聞かれて・・・メロディーを口ずさむことは出来ない。いや、お風呂に入ってるときやトイレで踏ん張っているときにすら、彼らの楽曲を鼻歌まじりに「ふんふふふん」と歌うことさえ出来ないだろう。
頭の中では何度もリフレインしているのに、それを口から出すことができない。頭の中では鳴っているのにだ・・・。

ジョンスペに比べたら、ホワイト・ストライプスのブルースの方がメロディアスである。

おっと・・・再び作品紹介をすっかり忘れるところだった。

「YEAR ONE」
 典型的なジャンク・ガレージサウンド作品だ。これぞジャンク・ガレージ・ロックの見本だろう。とにかくギャンギャンとうるさい作品である。デビュー作の「ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン」と姉妹版の「CRYPT STYLE」を合わせた作品なのだが、もともとこの2作品はひとつの作品だったそうだ。当時はレコード会社が勝手に2つに分けて発売したとかなんとか?今回は完全に1枚の作品として発売された。収録楽曲数は・・・38曲である。1枚に38曲が収録されている。まあ、それだけ各楽曲が短いのだが・・・。
「EXTRA WIDTH」
 彼らの代表作の見本のような作品だ。前作のジャンクっぽさを残しつつ演奏やアレンジはしっかりしている。前作ほどの攻撃的な印象は薄いが、耳に残るフレーズ(歌メロ以外)は確実に多くなった・・・とオリジナル盤ではそう思っていたのに、今回のリマスター盤は半端無い。2枚組で全46曲収録である。「EXTRA WIDTH」に地域限定で発売された(当然日本は未発表)「MO’WIDTH」と更に未収録楽曲、おまけのライブを収録している。とにかくオリジナルアルバム未収録作品は攻撃的ジャンクである。印象としては、YEAR ONEからEXTRA WIDTHへと進化する過程の攻撃型サウンドと言った感じか? 前作の好き勝手放題やっちゃいました的ではなく、作品としての完成度を意識しつつでも攻撃型って感じではないだろうか? 言ってる意味はわからないだろうが、私にも分からない。
「ORANGE」
 正真正銘、ジョンスペの代表作だが・・・私は好きではない。攻撃的なサウンドを少なくして、更に作品として聴かせるアルバムになっている・・・と言っても日本人が聴いて理解できる聴かせるアルバムとはかけ離れているだろう・・・。収録楽曲はオリジナル盤と未収録楽曲合わせて20曲にリミックス集14曲の2枚組だ。面白いのは、リミックスに収録された楽曲の中に後の「ACME」収録曲が入っていることだ。詳細は分からないが、すでにこの時点で出来ていた楽曲なのかもしれない???
「NOW I GOT WORRY」
 前作の流れからなのか? 打ち込み的なサウンド(と言っても普通に考える打ち込みではないが)の印象が残る作品だ。まあ、打ち込み系は数曲なのだが、やたらと耳に残るサウンドである。全32曲収録の1枚組作品である。前作オレンジに比べて攻撃的な楽曲が多いのだが、どこかカラッと爽快にはなれない。今までのブルースに他のジャンルを合わせたような印象だろうか・・・。今回アルバム未収録楽曲が加わったことで、更に攻撃的な印象と同時に実験的な印象が強くなった。個人的には好きで聴き込んだ作品だが、商業的にはイマイチだったように記憶している・・・と言うか、ジョンスペの作品て一般ユーザーに売れてたのか? 何となく、メロディーのある楽曲が多くなってきたのはこの頃からではないだろうか?
「ACME」
 発売当時・・・衝撃だった。ジョンスペは終わったと勝手に失望して、私はジョンスペを聴かなくなったくらいの作品だ・・・が、今聴いてみると・・・ジワジワとカッコ良い。それまでの攻撃型サウンドをほぼ完全に捨て去り、実験的でゆったりとした作品だ。今回のリイシューでは全43曲が2枚組で収録された。実はこの作品には続きがあるのだ。それが日本限定で発売された「EXTRA ACME」である。確か、本体の「ACME」発売から3~4ヶ月後に来日記念で発売されたのではなかったか?「ACME」レコーディング時の未発表楽曲を集めたものだって・・・。「ACME」で嫌いになったジョンスペを再び好きなバンドにしてくれた作品である。来日記念盤とかじゃなく、普通にジョンスペの作品でいいじゃないっすか!ってサウンドである。実験的な「ACME」に対してストレートな攻撃作品「EXTRA ACME」だ。と、言ってもそれまでのジャンクではなく、音質の良いロック作品である。ある意味ジョンスペの作品でメロディーを唄えるのはこの「ACME」2作からだろう。今回の作品には「ACME」と「EXTRA ACME」に収録された作品の他に、当時アナログのみで発売された「ACME別ヴァージョン」の曲、アルバム未収録の曲・・・と多彩である。まさに多彩なのだ。ジャンクからロックから実験作からリミックス、別ヴァージョンまで・・・。多彩な才能てんこ盛り作品である。

ジョンスペはこの後「PLASTIC FANG」という今までの作品とは比べものにならないくらいの正統派ロックンロール(サウンドも歌メロも普通に聴ける)作品を作るのである。でもアルバムタイトルは・・・偽物のって意味だとか?
更に現在のラスト作品「DAMAGE」はPLASTIC FANGの正統派とブルースを融合させたジョンスペらしいむさ苦しい作品となっている。

ああ、早く新作が出ないのかな?
頼むよ、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン

|

« アナログ人によるデジタル講座 第3回 リッピング | トップページ | DVDの動画をブルーレイにまとめてみよう 第3回 »

★お勧めアーティスト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

音楽・アルバム紹介」カテゴリの記事

音楽・90年代」カテゴリの記事

コメント

ののさん、こんばんわ。
ななな、なんとっ! 貴重な情報ありがとうございます。知らなかった・・・。早速調べてみます。

投稿: スターダスト | 2012年6月28日 (木) 23:48

どうやら9月に新作がでるようですよ。今から楽しみですね。

ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンの新作『Meat and Bone』が9月発売、「Black Mold」が無料DL可 http://amass.jp/7073

投稿: のの | 2012年6月28日 (木) 16:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199372/45341636

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン#2:

« アナログ人によるデジタル講座 第3回 リッピング | トップページ | DVDの動画をブルーレイにまとめてみよう 第3回 »