« 椎名林檎の音量均一化 | トップページ | the pillows 34枚目のシングル エネルギヤ »

DVDの動画をブルーレイにまとめてみよう 第2回

さて、前回投稿したDVD動画をブルーレイにまとめてみようの続報・・・というか、新たな手法(?)である。

前回の記事で実際に質問をいただいた『チャプタ―機能が無くなるのか?』について・・・前回の方法では・・・無くなるのである。※前回記事をご確認いただきたい・・・申し訳ない。

だが、今回の方法では・・・『無くなるが付けることができる』のである。理論上は・・・。

理論上というのは・・・これまた申し訳ない話だが、最終的にブルーレイに焼いて試していないからである。

なぜなら、ブルーレイディスクが手元に無いからである。

だったら試して投稿しろよっ!

って、お怒りの声が聴こえてきそうだが・・・それは完全無視・・・じゃなかった、真摯に受け止めていきたいと思う。まあ、1秒でも早く、この便利な方法をみなさんにお伝えしたかった・・・せっかちスターダスト君に免じて許していただきたい。・・・ダメ?

ただし・・・今回の方法は、今までこのSTRAY BLUESがコンセプトにしてきた『アナログ人間でも理解る』という部分から多少外れてしまうのだ。『無料で』というコンセプトは守られているのでご了承願いたい。

って言うか・・・ぶっちゃけぇ~って死語(?)を使うことが許されるなら、スターダストにとっては『ぶっちゃけ誰でも理解るでしょ?』ってくらいの内容なのである。

ただし・・・私は仕事で15年以上MACを使い、同じくらいの年数ウィンドウズも使い・・・周囲の仲間から『これは・・・どうすればいいの?』って先生的に質問される立場で、PC不得手な新人ちゃんを見て『幼稚園児に教えるようだ・・・』と感じる程度の初心者レベルの人間なので注意していただきたい。

そのレベルを『初心者』と呼ぶことは・・・神が許しても俺が許さないっ! って思う方が居るかもしれないが、わたしは神に知り合いが居ないので許してもらった記憶がないことも付け加えておこうと思う。って言うか、わたしより上の神レベルのPC使いなんて五万と居るってことである。

前置きが長くなったが・・・毎回の事なのだが・・・それを前提に今回の記事を読んでいただきたいってことである。

つまり・・・わたしは『みんな理解してるつもり』で記事を書いてるのに、実は『さっぱり理解らないよ、ちんぷんかんぷん・・・』って状況が発生する可能性が大なのである。

そんな時は、とにかく質問して下さい。

って、それくらい・・・最後まで試す前に投稿したくなるくらい、便利な方法なのである。(理論的に・・・)

では、早速(いや余談が長くなったが)本題に入りたいと思う。

前回の記事で質問のあった『チャプタ―機能が無くなる』についてだが、残念ながら、今回の方法でもそれは同様である。それは・・・手順の問題なのだ。

説明しよう・・・。『アナログ人間にも理解る』つもりの説明である。

例えばDVDに入っている動画、

(大人の事情でそれ以上の詳しいことは言えません・・・お察しください)

これはDVD動画形式・・・。

ブルーレイはブルーレイ形式・・・。

ユーチューブはユーチューブ形式だし、アイフォンはアイフォン形式なのである。

ざっくり言って・・・である。

例えば・・・タイヤが付いてて道路を走れる乗り物・・・、自転車とバイクと自動車とバスとトラックとヤン車・・・大雑把な用途は同じでも、中身はまったく別物だってことだ。

用途である・・・。小回りの利く自転車と車高の低いヤン車・・・100メートル先にあるコンビニに買い物に行くなら、どっちが便利か? ってことだ。

・・・わたしなら、歩いて行く。

って答えた人は、完全無視させて頂きたいのでご了承願いたい・・・。

何が言いたいか・・・理解っていただけただろう(わからねぇ~よっ!)。

つまり、DVD動画とブルーレイ動画は、同じ『動画』でも中身は別物ってことだ。

『動画』って見た目に騙されてはダメってことだ。一夜を共にした女性が翌朝になると別人のようだったって・・・それとは似て非なるものなので注意して頂きたい。※意味が理解らない良い子のみんなはお父さんに聞いてくれよなっ!

ざっくり説明である・・・。

DVDの動画は『VOB』形式である。音声は『MPEG2』形式である。

ブルーレイ動画は『M2TS』形式である。音声は『MPEG2 or H.264』形式である。

……なんじゃそれ? とは言わないで。

これは『』がH2Oなのと同じことである。…決まってるのである。

ちなみに……ウィンドウズ使いの方で『拡張子を非表示』で使ってる方がいると思うのだが・・・標準が非表示なのでアナログ人間の殆どはそうだと思うのだが・・・できれば『拡張子を表示』にしておいて頂きたい。これは・・・言ってしまえば、『水』と表示した文字のあとに元素記号まで表示するようなものだ。

つまり『水.h2o』って表示である。慣れてくると・・・例えば文字が間違ってて『空気』ってなってても・・・『空気.h2o』って拡張子さえ見ればそれが空気ではなく水だってすぐに解るようになる。

実はこれ・・・とても大事なことなのである。

例えば『悪意有るPC使い』が・・・『動画.VOB.exe』って、動画の振りしてウイルスを仕込んだりしてもすぐに見分けがつくのである。ちなみに『exe』ってのは実行ファイルと言ってプログラム(ソフト)のことである。

で・・・これを理解できてる上で、話を進めさせて頂きたい。

チャプタ―が無くなるのは・・・VOB形式のファイルをM2TS形式に変換する際に生じる避けては通れない事象なのであるってこと。DVD動画のチャプター機能を放棄する代わりにブルーレイ形式の動画に変換できるのである。

ただし、今回使用するソフトは・・・チャプターを後から指定する機能が付いているのである。

では・・・紹介しよう・・・ってその前に、今回の変換手順の説明である。

今回の変換は4つの手順から成っている。

この時点で『えぇ~ダメだ』と思った方は・・・市販のソフトを使って頂きたい。たしか・・・1万くらい出すと簡単に変換してくれるソフトがあるようだ・・・。STRAY BLUESのコンセプトは、あくまで『無料で・・・』なのである。申し訳ない。

まず最初は・・・DVD動画をVOB形式のデータとして抜き出す作業だ。

これには『DVD Shrink』を使用する。超メジャーなアングラ・ソフトなので使い方は各自調べて頂きたい。これでDVDからVOB形式の動画ファイルの抜き出しができる。

DVD動画をVOBファイルに抜き出すと、ひとつのDVDから2~4個のVOBファイルが出来るが、それらは全て②のソフトで変換する必要が有るので注意していただきたい。ここは意外と落とし穴で・・・ウィンドウズではどちらを再生しても『最初から再生』されるのだが、実際には長い動画がバラバラに切られている状態なのである。どちらも同じように感じるのは一緒に抜き出される『IFO』や『BUP』というシステム用のファイルが存在するからである。

惑わされないようにしたいのは・・・DVD動画の本当のファイルは『VOB』ファイルで他のファイルは再生システムを構築するファイルだってことだ・・・ざっくり説明である。

XMedia Recoda』を使ってVOB形式ファイルをM2TS形式ファイルに変換する。ネット上に詳細な使い方があるので個人で調べていただきたい。

・・・ただし、わたしがテストして気が付いた点を書いておく。

このソフトは最初に変換する形式と拡張子を指定して変換するのだが、最初に『M2TS』形式を選んだ時点では拡張子が『ts』しか選べないのである。『ts』とは地デジ録画の形式である。これだと・・・なぜか画質が粗いのだ・・・。まったくもって観れたものじゃないってくらい粗い・・・。

で、一度、別の変換形式を選んで(変換せずに)再び『M2ST』を選びなおすと・・・あら不思議? 『m2st』の拡張子が選べるようになっているのだ。※選べない場合はそれを何度か繰り返す。

動画形式を『M2ST』、拡張子を『m2st』に設定したら、今度は音声コーディックを『MPEG4/H.264』に設定する。これは実際に使ってみればわかる。

すると、『動画』ってタブから『ビデオコピー』にチェックを入れていただきたい。※これは上記の拡張子とコーディックを選ばないとチェックが入れられない。チェックを入れると無圧縮の状態で変換が行えるのである。

後は使用説明を見ながら作業を進めるだけである。ちなみに・・・わたしが参照させていただいたのはhttp://www.gigafree.net/media/conv/xmediarecode.html さまのページである。

tsMuxe』でM2ST形式ファイルをオーサリングする。オーサリングとは・・・ざっくり言うと、変換した動画ファイルをひとまとめにするってことだ。M2STファイルをブルーレイ・プレーヤーで観れるようにまとめるってこどですね。そして、このソフトには・・・チャプター指定の機能が付いているのだ。

指定といっても、元のVOBデータにあったチャプター機能を復活させるのではない。

あくまで『新しくチャプター機能を付ける』ってことだ。チャプターしたい時間を指定して・・・例えば『10分』と指定すると、10分おきにチャプターが可能ってことだ・・・チャプターってのは『スキップ機能』のことだ。テレビ番組を録画するとCM部分が飛ばせる、あの機能である。ただし、あくまで『時間指定』なので細かなチャプターは作れない。

実は・・・このソフトは第1回目でも紹介済のソフトだったが・・・第1回目では無残にも失敗してしまっていた。ってのが、ブルーレイの動画形式が『m2st』で地デジが『ts』ってのをイマイチ理解していなかったからだ。このソフトは『m2st』『ts』形式のファイルをオーサリング出来るソフトなのだ。※第1回目ではこのソフトでVOBファイルをオーサリングしようと試みていた無謀なスターダストでした。

③でオーサリングしたファイルを『ImgBurn』を使ってブルーレイ・ディスクに焼く。この際の注意点としてはファイルシステムの設定を『UDF』、『UDFリビジョン』を『2.50』に設定するということだ。

・・・今まで動画やファイルを扱ったことが無い方には「何のことやら? にっちもさっちもどうにもブルドッグ」って感じかもしれないが・・・実は、そんなに難しいことではない。ただ聴きなれないソフトと言葉が並んでいるだけである。

マニュアル・トランスミッション車で坂道発進する際に、ブレーキを離して、半クラッチてアクセルとクラッチのバランスを取りつつ、クラッチを繋いで発進する方が格段に難しいことである。要は・・・『慣れ』なのである。

やる前から『無理』って思う前に、実際に紹介した4つのソフトを使ってみて頂きたい。コーディックやオーサリングなんて意味を知らなくても普通に使えるのである。

数年前は無理だったDVD動画をブルーレイにまとめるって技、今は『無料ソフト』でも出来るようになっているのだ。市販のソフトは・・・上記の4つを一つのソフトでやるとか、そういったものではないだろうか?

フリー・ソフトだってアイデアと組み合わせと使い方次第では何でもできちゃうってことですね。後は・・・やりたいことと探究心のみなのである。

最後に・・・今回テストした動画は16G(全26個)のファイル・・・『XMedia Recoda』での変換に要した時間は『約13分』である。

仕様PCは・・・富士通FMV Win7 メモリ4G の普通のPCである。

|

« 椎名林檎の音量均一化 | トップページ | the pillows 34枚目のシングル エネルギヤ »

コピープロテクト解除」カテゴリの記事

映像・動画関連」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

yumetoboさん、貴重な情報ありがとうございます。
XviD4PSP 5…使ったこと無かったです、お恥ずかしい話。
Shrinkを使ってるのは単純に編集をしたいから、だけの理由です。抜き出すのは色々と便利なものがありますよね。
ただ……こういう行為は完全な違法になってしまったみたいなので……困った話ですよね。

投稿: スターダスト | 2012年12月 8日 (土) 14:34

xmdeia recodeよりも
XviD4PSP 5のほうが使いやすそうです。(XviD4PSP 6よりも。)
そしてなんと、これにはtsMuxerGUI.exeが付録でついてるんです。
バージョンが古いから、アップデートしないといけないけど(多分)。
DVDから抜き出すのって、DVD Shrinkでなく、ImgburnやCPRMDecrypter(CPRM解除)で出来ると思うのですが・・・。

投稿: yumetodo | 2012年12月 7日 (金) 14:12

晴れ時々曇り,ところによって雨または雪さん、初めまして。

ええと……誰か日本語に翻訳、まやは通訳をお願いします。
……というレベルの質問内容なので、
申し訳ありませんが、他の専門サイトやマニアックなサイトを当たって下さい。

このブログのコンセプトは、
アナログ人がアナログ人に解りやすく紹介する……です。
実に申し訳ない。

↓以下は、多少、失礼な文章になりますので、ご勘弁下さい。
失礼を承知で書かせていただいております。


i)"MPEG-2圧縮された動画"のエレメンタリーストリーム(ES)
と,
ii)"オーディオ"(←圧縮/PCMの両方あり得ます)のES

   "MPEG-2 PS"の「コンテナ」
に入れたもの
なので,
②のソフトを使うと,勝手に(でもないか)
 - i)とii)を一旦demuxして2本(以上?)のESにバラして
 - BDなどに使われるMPEG-2 TSのコンテナでmux
してくれてうれしい
という考え方でよろしいのでは,と思います...


確かにすばらしい解説なのでしょうが、こんなもの一般人の誰が読んで理解しようとしてくれるのか?と考えると、答えは「No」ですね。

読んでもらえない文章は書く意味が無いと思っているのが本音です。
たとえそれが、どんなに素晴らしく的を得た高度な解説であってもです。

申し訳ないのですが、わたし自身、エレメンタリーストリームの部分で面倒臭くなって読むのをやめてしまいました。

多分、質問されるブログを間違えているのでしょう……と思います。


エディ・ヴァンヘイレンは1970年代後半にギターの速弾きのためにライトハンド・タッピングを生み出し、更にトリッキーな演奏のためにスイッチ・奏法やドリル奏法をあみ出し、イングヴェイ・マルムスティーンは全てを凌駕するほどの速さでメロディを奏で、スティーヴ・ヴァイは7弦ギターでイングヴェイの速弾きをタッピングなどのトリック奏法で再現して見せたが、カート・コバーンはそれら全ての概念を一瞬で吹っ飛ばすほどのネイティブで暴力的なノイズをオーヴァードライブ一台のフィードバック奏法でやってのけた……それはアメリカにとって70年代初頭にイギリスで起こったパンク・ムーブメントと同様の価値があり、本当の意味でのアメリカにおけるパンク・ムーブメントだと言われている。だからカートは偉大だと思う。

こんなもの、20年以上もロックと付き合って、自身でバンド活動してギターを弾いてた人間なら当然のことなのですが、それ以外の人には理解も興味も無い「素晴らしい」説明です。

そしてこれは、
マスターベーションと呼びます。

わたしなら、
カート・コバーン(ニルヴァーナのVo&G)のギターはテクニックなんてまるで無視したノイジーで暴力的なもので、でも世界を変えた偉大なサウンドだ!

と、それだけしか説明しません。

それが、このブログのコンセプトです。

嫌味で書いていると受け取らないでいただきたいのですが…。
それなりの知識を持って質問をされているようですので、
他のサイトへ質問される時は、ご自身が使う言葉(特に横文字や専門用語)は誰でも当たり前に知っている前提で書かない方がよろしいかと思いますが、いかがなものでしょう?

まったくもって申し訳ない。

投稿: スターダスト | 2012年8月13日 (月) 22:38

通りすがりの「初心者」です.

DVD→BDの変換の説明などなどですが...

「標準のDVDのVOBファイル」の正体は
i)"MPEG-2圧縮された動画"のエレメンタリーストリーム(ES)
と,
ii)"オーディオ"(←圧縮/PCMの両方あり得ます)のES

   "MPEG-2 PS"の「コンテナ」
に入れたもの
なので,
②のソフトを使うと,勝手に(でもないか)
 - i)とii)を一旦demuxして2本(以上?)のESにバラして
 - BDなどに使われるMPEG-2 TSのコンテナでmux
してくれてうれしい
という考え方でよろしいのでは,と思います...
(ちなみに,説明の都合上なのでしょうが,データ圧縮技術としてはMPEG-2もH.264 (=MPEG-4 AVC)も「動画圧縮技術」であって,「音声圧縮技術」ではありませんので.これはソフトの設定項目の位置がよろしくないということですかねぇ.)
(ついでに,地デジもBDもコンテナは同じMPEG-2 TSです.(画像圧縮のコーデックは違う場合もあり得ます.) 拡張子 .tsは~tsなんて他には使われてないので~自動的にMPEG-2 TSを示すはず(=.m2ts)なのですが,やはりソフトの作りの都合上,こんなことになっているんでしょうか...)

さて,そこで③のソフトについて教えていただきたいのですが,出力されるファイルはBDAV形式なのですよね?
(BDMV方式だと音声圧縮コーデックとしてAACは許されないらしいので,オーディオが再エンコになるのかな,と思ったもので.)

---
変換する必要のあるVOBファイルですが,warningなんかのファイルはいらないかな~と思います.
多言語版は,demuxすると1つのVOBに対してオーディオのESなファイルが複数個できそうですが(あ,5.1ch音声などが含まれているタイトルもそうかもしれません),どうなるでしょうね...

---
個人的には,2層のDVDのタイトルを,(入手性がいまいちよろしくない)2層DVDでなくってBDに焼く方法がないかなぁ,とさまよってこのページにたどり着きました.(Google様のお導きで.)
ページを拝見して,DVDとBDのフォーマットやコンテナ(って,わかりにくい概念ですよね)の違いや,ファイル構成の違いを確認することができました.
メニューの引き継ぎなどは難しそうですね.IFO解析してGOPだかフレームだかの番号を指定できればよい・・・のかもしれないですが・・・DVD shrinkではできているので,できる人がやる気になればできるような気もしてきました.ただ,複数枚のDVDを1枚のBDに焼く場合はちょっと完全自動化は難しそうですね.(メニュー作り直しになりそうな気が.メニューを選択するメニューみたいな階層構造で作ることができればいけるのですかねぇ...オーサリングソフトが元のメニューを読んで考えてくれればどうにかなりそうな気もしないではないですが...)

以上,長々失礼いたしました...

投稿: 晴れ時々曇り,ところによって雨または雪 | 2012年8月12日 (日) 03:04

m2st → m2ts
tsMuxe → tsMuxer
XMedia Recoda → XMedia Recode

投稿: | 2012年7月 5日 (木) 04:27

みずりんさん、初めまして。
xmdeia recodeに関しては、実はわたしも強制終了で困っています。今のとこ(わたし的に)原因不明です。詳しく調べてみないと分かりませんが・・・現在新たな便利ソフトを探し中です。なにせ無料のソフトなので、文句言ってもしょうがないので・・・。
VOBファイルについては、全てのファイルを変換する必要があると思います。他言語版等については試したことがないので・・・今度、xmdeia recodeに変わる便利ソフトを見つけたら試してみようと思います。ただ、この手の複製(仕様を変更する)ではオリジナルの機能はほとんど切り捨てになるので期待はできないかも?
新たな便利ソフトが見つかったら、記事を更新したいと思います。

投稿: スターダスト | 2012年3月21日 (水) 01:01

こんにちは。
xmdeia recodeをつかっていると強制終了されてしまうんですが
どうすれば良いんでしょうか?
利用環境は
win7 ultimate 64bit
ram 12GB
cpu intel i7 930

後、DVDをまとめる際、vobファイルの指定をしますが、
全てのvobファイルを変換するのでしょうか?
メニューやら最初の発売元タイトルとかも含めて良いんですか?
多言語版のときはうまい具合に切り替えられるんでしょうか?

投稿: みずりん | 2012年3月20日 (火) 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199372/43251929

この記事へのトラックバック一覧です: DVDの動画をブルーレイにまとめてみよう 第2回:

« 椎名林檎の音量均一化 | トップページ | the pillows 34枚目のシングル エネルギヤ »