« 不思議だなって、思う話… | トップページ | DVD音源をiPodに取り込もう Ver.3 »

ザ・ピロウズ 通算33作目のNEW SINGLES

20110608_comicsonic250x250the pillows 通算33作目のシングル「COMIC SONIC」を購入した。初回限定DVD付1500円である。

通算33作目である。デビューから20年が経過したバンドなら当然といえば当然の枚数だろうか?

だが、彼らはミスチルとは明らかに違うのだ。ミリオン・ヒットも無いし、シングルが発売されたからって大々的な告知も無い。ちなみにピロウズとミスチルは同期デビューのバンドである。

しかし・・・これはあくまで、わたし個人の感想と意見だが、同じくらいの年月ふたつのバンドを聴いてきて、ミスチルに対しては興味が薄くなっていっても、ピロウズに対しては逆に興味が強くなり続けている。彼らの楽曲を本気で聴き出して15年近く過ぎた今でも・・・である。

さて、肝心の今作のサウンドだが、「ホーン・アゲイン」の流れを汲む瑞々しいフレッシュなサウンドを意識しつつ、従来のピロウズが顔を覗かせている・・・と言った感じだろうか?

カップリングの曲に関しては、久しぶりの「駄作」と感じる引っ掛かりどころの無い曲である。おっと、誤解のないように言うと、シングルとして出すには・・・っていう意味だ。

でも、なんだろう? このワクワクする感じ。彼らが新曲を出すたびにワクワクしてしまう。今度はどんなアプローチで来るのか? って・・・。

ピロウズはデビューしてから今まで、何度となくそのスタイルを変化させてきたバンドだ。スタイルを変化させつつ、あくまでピロウズとしての音楽に一貫性があり、キッチリとポップでロックを聴かせている。この長い活動期間中には、フロントマンの山中さわお氏を悪く言うコメントなんかも見たことがある。それは音楽性ではなく、彼の周囲に対する態度に対してである。※業界関係者ではなく、一般人のコメントで悪く言われるように思う。例えば、自分の好きなバンドをけなされた・・・とか、そう言うレベルでだ。

そう、彼らの音楽が否定的に言われているコメントをあまり見たことが無いのだ。

理由のひとつに・・・否定されるほど売れていないってのがあるだろう。※ファンのみなさま、申し訳ない。わたしもファンなので許してください。

ミスチルの曲を聴くと「ああ、懐かしい」って感じても、ピロウズの曲を聴いて「ああ、懐かしい」なんて感じない。だが、古いとも感じないし、逆に新しいとも感じない。感じるのは・・・あ、ピロウズの曲だって、それだけだ。

1996年の起死回生のシングル「ストレンジ・カメレオン」以降、彼らの音楽に間違いはないのである。山中さわお氏の態度を嫌う一部のオーディエンスは、きっと飼いならされて牙を抜かれたテレビ向けの優等生ロック歌手しか知らないのだろう・・・。

かつてカート・コバーンは※一夜にしてスターダムを駆け上った伝説のバンド「ニルヴァーナ」のフロントマンだ※メディアに対して公然とメジャー音楽に対する批判を語った。「俺はガンズとU2が嫌いだ」って。「メディアに媚びを売る姿に虫唾が走る」そうだ。

テレビ番組で口パク演奏※ヴォーカル以外が全て※をやらされた時、彼はわざとスロー再生のような声で唄い、しかもマイクに対してフェ○チオのパフォーマンスをやってみせた。メジャーの偽物音楽に対する抵抗である。俺たちは演奏してないぜ、騙されるなよって公然とタブーをやってのけたのだ。

例えば、激しいダンスと唄を両立させるために、口パクを利用する歌姫・・・両立できないなら出来るだけのパフォーマンスにしろよっ! って、そんなとこだ。

ロック・ミュージシャンってのは、飼いならされたヤツばかりじゃないのだ。だからイマイチ売れないのかもしれないけど、売れる為に時代に媚びを売って痛い目に遭うってのは、ピロウズはデビュー当時に嫌ってほど味わって、引退まで考えた起死回生の「ストレンジ・カメレオン」※何をやっても売れないんだから、自分たちが演りたい音楽を出して(もちろん事務所の反対を押し切って)それで足を洗いますって※で音楽業界に踏みとどまって、それ以降はどんなに時代が変化しても自分たちの音楽を貫いている・・・。そんなバンドって、数少ないよね。

・・・なんて、いかにも不良ちっくなヤサグレ音楽みたいな言い方になってるけど、彼らのサウンドって普通に甘ったるいポップ・サウンドで、しかも最近は「先日デビューしました」系のフレッシュ・サウンド(これについては実際に聴いてください。意味がわかると思うから)を鳴らしてて、そのギャップがよかったりもする。

まあ、中期のようなグランジ系サウンドはすっかり無くなってるけど、相変わらずのピロウズ・サウンドで、よかったよかったって・・・そんな33枚目でした。

|

« 不思議だなって、思う話… | トップページ | DVD音源をiPodに取り込もう Ver.3 »

音楽」カテゴリの記事

音楽・ピロウズ」カテゴリの記事

音楽・邦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199372/41116108

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ピロウズ 通算33作目のNEW SINGLES:

« 不思議だなって、思う話… | トップページ | DVD音源をiPodに取り込もう Ver.3 »