« DVDの動画をブルーレイにまとめてみよう! 第1回目 | トップページ | BOΦWYを熱く語ってみようと思う »

ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン#2

Z321000710ジョンスペのような音楽は、理解できない人には「何これ?」なサウンドだが、一度はまってしまうと他の音楽が聴けなくなるから困る・・・。

ジョンスペのファンがブログに書いていたコメントだが、実は私もジョンスペのリマスター盤を購入して以来、他のアーティストはほとんど聴いていない。桑田佳祐もピロウズも聴いていない。REMもまだ真面目に聴いていない。レディオヘッドに至っては購入すら見送っている状態だ。

それほどまでに魅力的なサウンドなのかと聴かれれば・・・多分・・・「NO」と答えるだろう。歌メロは無いに等しいし、ガレージ・サウンドだし、ポップでもないし、演奏が上手いわけでもない。

だが、一度はまると抜け出せないサウンドなのだ。

彼らの2ndアルバム「extra width」のリマスター盤だ。「extra width」にエリア限定(もちろん海外)で発売された「mo' width」を追加し、さらに当時のアルバム未収録楽曲とライブ音源が収録された2枚組、全46曲・・・ちょっと作りすぎですよ、スペンサー氏! ライブ音源7曲を除いても39曲。既出の 「extra width」の楽曲が12曲、残り27曲がボーナス楽曲・・・って、普通の感覚じゃありません。

1stの「YEAR ONE」がパンク丸出しの初期衝動サウンドだったのに対し、 「extra width」はバンド名の通りブルースが爆発したサウンドなのだ。まあ、普通に考えるブルースではなく爆発したブルースなので注意していただきたい。

ただし、 「extra width」収録楽曲以外は「YEAR ONE」から 「extra width」へと移行する期間の楽曲だろう。※いや、ただ単に好き放題やってるだけかも? かなりパンキッシュな楽曲が多い。とは言っても「YEAR ONE」のような初期衝動的なものからブルース寄りのパンクまで様々だ。

実は私はオリジナルの 「extra width」は好きではなかった。音も悪いし「これだっ!」って楽曲も無いように思っていた。だが、リマスターされたものは違う。スカスカだったサウンドが太くなるだけでこれほどまで楽曲のイメージが変わるのかと驚いた。さらに 「extra width」本編よりカッコよすぎる27曲のボーナス楽曲・・・。

KARAや少女時代のような腰ふりと美脚も悪くないが・・・、最近のポップすぎる邦楽・洋楽に嫌気がさしている方には是非聴いていただきたいアルバムだ。ただし、聴くならリマスターされたアルバムをっ!

|

« DVDの動画をブルーレイにまとめてみよう! 第1回目 | トップページ | BOΦWYを熱く語ってみようと思う »

音楽」カテゴリの記事

音楽・お勧めCDこの1枚!」カテゴリの記事

音楽・アルバム紹介」カテゴリの記事

音楽・洋楽」カテゴリの記事

音楽・90年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199372/39662702

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン#2:

« DVDの動画をブルーレイにまとめてみよう! 第1回目 | トップページ | BOΦWYを熱く語ってみようと思う »