« ロック音楽を語ってみようと思います | トップページ | ザ・ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン »

HORN AGAIN ツノよ再び

008pillows

ザ・ピロウズの新作「HORA AGAIN」を聴いた。

10年以上前から聴き続け、今も新作を発売日(前日)に買いに行きたくなる数少ないバンドのひとつである。ちなみに結成20年以上のベテラン・バンドである。どれくらいベテランかと言うと、ミスチルと同期デビューと言えば分りやすいだろうか。

さて、早速聴いた感想だが、その前に・・・

先行シングル「Movement」を、デビュー当時を思わせるフレッシュなサウンドと例えるレビューが多かったが、今回のアルバムはまさに新人バンドのようなサウンドである。

デビュー当時のような・・・とは言わない。いや、言いたくない。

だって彼らはデビューからの数年間、まったく売れないどん底バンドだったんだもの・・・。

※その頃の事は彼らの歌詞に度々登場している。

私は彼らの初期のアルバム「クール・スパイス」や「リビング・フィールド」なんかも持っているが、今回のアルバムは初期のサウンドとは明らかに違うのだ。確かにフレッシュな感じに溢れているが、クオリティは現在深化系のピロウズ・サウンドである。唄は相変わらずのさわお節だし、ギターのフィード・バックなんかも散りばめられている・・・。メロディも秀逸でスキップ無しで10曲一気に聴ける。

だが、今までのピロウズとは確実に何かが違うのだ。

まだ聴き込んでいないのでハッキリ言えないが、それは歌詞の変化ではないか? まあ、実際には難解でヒネクレタさわお歌詞全開なのだが、今までの彼らの楽曲とは違い、ストレートに耳に入ってくるように感じたのだ。メロディの乗せ方やイントネーション、韻の踏み方、そして英語フレーズのみのサビ・・・、そこが今までと違うように思う。

まあ、まだ発売されたばかりの新作である。

じっくり聴き込んで再度レビューをしたいと思う。

|

« ロック音楽を語ってみようと思います | トップページ | ザ・ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン »

音楽」カテゴリの記事

音楽・アルバム紹介」カテゴリの記事

音楽・ピロウズ」カテゴリの記事

音楽・邦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199372/38607874

この記事へのトラックバック一覧です: HORN AGAIN ツノよ再び:

« ロック音楽を語ってみようと思います | トップページ | ザ・ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン »