« サザンのリマスターCDをレビューパート10 | トップページ | iPod classic »

SUPERMARKET FANTASY

Mrchildren7cj ミスチルの新作「スーパーマーケット・ファンタジー」を購入した。久しぶりの良いアルバムである。

私がミスチルを聴き出したのは、やはりイノセント・ワールドの爆発的ヒットからである。当時のミスチル現象は凄かった!

だが「深海」「ボレロ」以降のアルバムは疑問である・・・。アマゾンのCDレビューなどを見ると全てのアルバムが高評価だし、ミスチルはアルバム・アーティストだ!ってコメントが多い・・・。本当にそうか?

※ってのは、私個人の感想なので・・・気に入らない方はこれ以降の内容は読まないで下さいね・・・申し訳ない・・・。

当然だが、私はミスチルの曲が好きである。アルバムだって全て持っている。だが、今までアルバムを通して聴いた作品は・・・1枚も無いのだ。ミスチルのシングル曲が好きなのだ。私はシングルは購入しないので・・・必然的にアルバムを購入するのだ。毎回毎回毎回、シングル曲と同等のクオリティを持つ楽曲を期待して・・・。

そして毎回毎回毎回、その期待は裏切られるのである。

80s世代の私にはシングル=アルバムの顔的イメージが付いているのだ・・・申し訳ない・・・。シングルだけが飛びぬけていたりするのは・・・アルバム・アーティストとは思っていないのだ。

さて、非常に否定的な意見のように思われるだろうが、私はミスチルが好きなのである。

80年代、アイドル全盛の時代である。

ロック・バンドがTVの歌番組※アイドル達と一緒にね・・・。に登場することが少ない時代である。バンド・ブーム前の時代だ。当時のロック・アーティスト達が作る楽曲のクオリティは非常に高かった!※当時のセンスでは・・・である。

シングルを連発する時代ではない。アルバムにはシングル曲が1曲、2曲しか入らない。だが、アルバムを聴いても「どれがシングル曲?」っていうくらいに他の楽曲のクオリティが高いのだ。そして、それが当然でもあった。元々、シングルとかアルバム曲なんて括りの意識が無かったからだ。アルバム自体、レコード時代の流れもあり、60分を超える作品は少なかった。曲数だって10曲ってのが当たり前である。12曲とか入ってると「うわ!曲数多いぜ!やったね!」って感じである。そしてアルバムの出来が悪ければ淘汰されるのである。

当時のジンクス?を紹介するなら・・・1stアルバムは良くて当然!2枚目は微妙か駄作・・・3枚目で真価が問われる!もしも3枚目、4枚目と続けて1stを超える作品が出なければそのバンドは才能無いので消えていく・・・。※ここでいう良いってのは当然、シングルやラジオで紹介される新曲と同等のクオリティを持つアルバムである。歌番組出演やCMタイアップの無い時代なので、全ては収録楽曲の良さのみなのだ。

・・・テレビでのヒット曲をアルバム収録するのは「アイドル連中だけ」。そんな風潮の時勢のお話である。そんな差別意識もあってか?ロック系のアーティストは本当に音楽が好きで、才能の在る連中が集まっていたように思うのだ。自らの音楽センスと地道なライブ活動のみが売れる為の方法だっていう・・・厳しい時代である・・・。

さて・・・やっと本題に入るのだが・・・いや・・・余談が長くて申し訳ない・・・。

私がCD※アルバム。を聴いて「良い」「悪い」の判断をする基準は、自分的に「何曲良い曲が入っているか?」だけである。

アマゾンのCDレビューのように・・・

歌詞の文法が間違っているとか、アルバムの流れやコンセプトが云々とか?まるで私は世界中の音楽を網羅し、聴き倒し、音楽概論を深く学び、作曲も出来れば、語学に長け、その上で敢えて語らしていただくならば・・・的な「お前何様?」な聴き方はしないのだ。そんなお偉いお方はポップ・ミュージックじゃなくて、天才作曲家達の作った交響曲第○○番を聴いとけよって話である。

まぁ・・・そんなレビューを書くお方に限って・・・過去の楽曲や歌詞の焼き回しだ・・・とか?「それを云うなら焼き増しだろ!」みたいな、自らの無知を棚に上げた投稿が笑われていることを知って頂きたいのだが・・・。

私のような、音楽概論や文法に詳しくない、誤字脱字の帝王は小難しい音楽鑑賞はいたしません。

純粋に、過去20年近く本気で音楽を聴き続けてきた中で「今回の作品を聴いて熱くなったか?否か?」で判断するなら・・・スーパーマーケット・ファンタジー熱くなったアルバムなのだ。歌詞の文法が間違ってようが、その言葉がメロディにはまってれば、聴いてて気持ちよければ、それでいいじゃん!なのだ。

才能の無い私も、若かりし頃にロック・バンドを結成し、ミュージシャンの真似事をしていた時期が在った。当然、自作自演曲なんてのも頑張って創っていた。そこで学んだのは「音楽を創る事の楽しさ」と「歌詞の難しさ」である。メロディは出来たのに歌詞が出来ない・・・。

だって、俺が云いたい事はこのAメロのこの言葉と、サビのこのフレーズだもん・・・。後の部分は適当に辻褄合わせて・・・みたいな?だいたい10曲も創ると、新しい歌詞なんか思いつかんから、好きなアーティストの歌詞を並べ替えて・・・。

まぁ・・・だから音楽でお金を稼ぐ世界には居ないのだけど・・・。

・・・なんか?いつにも増して辛口の意見が多いのは、アマゾンのCDレビューの否定的意見の上から目線に怒りを感じているだけのコトなので、許して下さい。

さて、今回のアルバムは久しぶりに「気持ち良く響く」ポップスである。

週末のコンフィデンスソング、HANABI、エソラ、少年、口がすべって、東京、ロックンロール、GIFTと、一聴しただけでも収録楽曲の半分以上が「良いじゃん!」って思えるのだ。この流れで2回・3回聴けば、他の楽曲も良くなってくるね!

前作「HOME」も悪くなかったが・・・購入後、全部聴くことなく・・・iPodにも入れないまま放置されてたのに、今回のアルバムを聴き、過去の作品全て引っ張り出してiPodに入れたのである。それくらいに「良い」と思えるアルバムであったのだ。

大衆ポップソングの見本市って感じなのだろう。そこに櫻井氏の独特の言葉が載り、歌詞の意味を深く理解出来ないままでも「心に響く・気持ちよいフレーズ」に共鳴出来てしまう・・・そんな力のある作品だと感じたのだ。初めてアトミック・ハートを聴いた時と同じような印象である。

多分?ミスチルが大好きで今回のアルバムにも期待してたファンとは聴き方自体が違うのだろう。期待していなかった分、以外にストレートなメロディの良さに驚いたのだろう。

だが、私が音楽の良し悪しを判断する基準はそれである。

なので、このスーパーマーケット・ファンタジーはお勧め作品として是非に紹介したいのである。

|

« サザンのリマスターCDをレビューパート10 | トップページ | iPod classic »

音楽・邦楽」カテゴリの記事

コメント

momokanapapaさん、初めまして。
ミスチルの新作は久々の良作だと思ってます。それまではシングル以外は・・・「ん?」って感じでしたので。ピロウズは逆ですね。シングルで「ん?」って思ってもアルバムでは変わらずピロウズ節が炸裂してて、エイベックスに移籍した時は行く先が不安になったりもしましたけど。
TOM PETTYは・・・すみません、知らないです。
どんな音楽を奏でる人なのだろう?
今度調べて試聴してみます。

投稿: スターダスト | 2009年1月15日 (木) 22:10

ミスチル 新しいのいいですね!特にHANABI初期の頃のようで・・・ピロウズには敵わないですね!TOM PETTY 聞きますか?

投稿: momokanapapa | 2009年1月14日 (水) 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199372/26325757

この記事へのトラックバック一覧です: SUPERMARKET FANTASY:

« サザンのリマスターCDをレビューパート10 | トップページ | iPod classic »