« ゴールデン・グレープフルーツ | トップページ | ビートルズ青盤 »

ビートルズ赤盤

1962〜1966

1962〜1966

アーティスト:ザ・ビートルズ

1962〜1966

私が初めて購入したビートルズのCDは、通称「赤盤」「青盤」と呼ばれるベスト盤のマガイモノであった。発売元は不明だが、3枚組みの黒いボックス・セットなのだ。価格は3000円だっただろうか?CDショップの店頭でワゴン・セール的に置かれていた品物である。

今なら・・・そんなマガイモノ避けて通るのだろうが、購入当時は高校生であり、ビートルズ自体をそんなに知っていた訳でもなく・・・まぁ、いいかな?と云う軽い気持ちだったのだ。

だが、そのCDを購入したことで・・・私の音楽観は180度変わったと云ってよいだろう。とにかく聴き狂っていた!

洋楽?唄ってる詩の内容が解らんで、どこがいいの?

なんて云ってた私はそれ以来・・・洋楽の虜になり、邦楽を殆ど聴かない程にまでなってしまったのである。それほどに衝撃的なアルバムだったのだ。まだ、メンバーがジョン・レノンとポール・マッカートニーとあと2人。と云うくらいの知識しかなかった頃の話だ。

高校時代、ビートルズの存在を知らなかったのではない。

友人にビートルズ・マニアが居たので、彼にカセット・テープを録音してもらい、有名な楽曲は知っていた。イエスタデイ、レット・イット・ビー、イン・マイ・ライフ等・・・ビートルズってのはバラードを歌うポップなグループなのかぁ、と思っていた。

だが、購入したCDはロック!

え?ビートルズってロックンロールだったのか!しかもポップで、コーラス上手くて!そう、この赤盤にはビートルズがロックンロールを演奏していた時代の名曲が収録されているのである。※マガイモノは現在発売されている正規盤とは違い、LOVE ME DO ~ DAY TRIPPER までの17曲が1枚に収録されていた。こちらの方がよりロックな印象になる収録内容である。

1993年、今まで正式に発売されないままであった赤盤・青盤が発売された。もちろん発売日に購入である。各2枚組み、計4枚のビートルズ・ベストである。

正規盤CDの購入後、愛聴していたマガイモノは親戚の娘の手に渡ったが、その娘もビートルズに嵌り・・・遊びに行くと、私にピアノでビートルズの曲を演奏してくれるようになったのである。

世代を超えて愛される、ビートルズの初期ベスト・アルバムなのだ。

ビートルズ青盤につづく。

|

« ゴールデン・グレープフルーツ | トップページ | ビートルズ青盤 »

iTunes&iPod関連」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

音楽・洋楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199372/7676754

この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズ赤盤:

» 'THE McCARTNEY YEARS' / ポール噂のDVDついに発売! [英語喫茶 ☆海外ネットワーク☆ オーバー・ザ・スカイ [ World Network :Over the Sky ]]
On November 13th, 2007, 'THE McCARTNEY YEARS' will hit the stores from MPL/Rhino Entertainment. This first time ever DVD includes the definitive visual collection of Paul McCartney's amazing career featuring solo music videos, career-spanning live perf... [続きを読む]

受信: 2007年8月29日 (水) 11:14

» ビートルズ 赤盤 [ビートルズ大百科]
無料でインフォトップモバイル対応のアフィリエイトサイトを運営できる! あなたもアフィリエイトビジネスでお小遣いGETしよう! ビートルズ赤盤私が初めて購入したビートルズのCDは、通称「赤盤」「青盤」と呼ばれるベスト盤のマガイモノであった。発売元は不明だが、..... [続きを読む]

受信: 2007年10月28日 (日) 21:04

« ゴールデン・グレープフルーツ | トップページ | ビートルズ青盤 »