« カテゴリー検索が可能になりました。 | トップページ | iTunes&iPodの使用マニュアル パート8 »

アルマゲドンはお馬鹿映画?

Armageddon1998 ブルース・ウィリス主演の超大作

アルマゲドンである。

巨大小惑星が時速35000キロのスピードで地球に接近している!衝突すれば・・・地球は全滅。人類が生き残る手段は、小惑星の軌道を変えること・・・。そして選ばれたのは6人の宇宙飛行士と8人の石油採掘のプロ達だった・・・。

公開当時この映画を観た友人達が口々に云ったのは「お馬鹿映画だよ、こりゃ」であった。私は映画への感心よりもエアロスミスの唄う主題歌の方に感心があった。ミス・ア・シングである。この曲、シングルのカップリングに収録されていたロック・ミックスがクールである。オーケストラを外し、バンド的なサウンドに仕上がっていた。こちらの方がエアロスミスらしくて好きであった。

そう云えば、この映画のヒロイン「リブ・タイラー」はエアロスミスのヴォーカル「スティーブン・タイラー」の娘である。

さて、私は映画館ではなくDVDでの視聴であったが・・・お馬鹿映画どころか、超感動の大作ではないですか!最後、ブルースが死を覚悟して娘に送るメッセージに涙してしまったくらいである。どこがお馬鹿なのよ!である。

が、冷静になって考えてみようか?

確かに地球存亡の運命がかかったミッションに荒くれの石油掘削人が選抜されるのは・・・どうよ?やることなすことハチャメチャだし・・・、当然在り得ないであろう。ここらへんが「お馬鹿映画」と云われた所以だろうか?

だが、映画と云うのはフィクションである。それで良いのだ。

リアリティを求める、そう云う映画好きの方には許せないかもしれないが、在り得ないから映画は面白いのである。だって、スターウォーズだって在り得ない世界だし、ホラー映画なんて全て「お馬鹿映画」になってしまうもの。まぁ私個人の意見なので、厳しい意見はご遠慮下さい。

私個人は大好きな映画である。

派手な爆発在り!アクション在り!ラブ・ストーリー在り!笑い在り!涙在り!娯楽大作としては申し分無い映画である。

今更ではあるが、未視聴の方には是非お勧めの映画である。

|

« カテゴリー検索が可能になりました。 | トップページ | iTunes&iPodの使用マニュアル パート8 »

映画・アクション」カテゴリの記事

映画・SF」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

音楽・洋楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199372/7545211

この記事へのトラックバック一覧です: アルマゲドンはお馬鹿映画?:

« カテゴリー検索が可能になりました。 | トップページ | iTunes&iPodの使用マニュアル パート8 »