« シベリア・マッドネス | トップページ | 休日 »

JUDE

Jh012 「JUDE」と書いて「ユダ」と読む。

浅井健一のバンドである。既に、前・前回に紹介しているが、ここで改めて、紹介しよう。

現在までに「JUDE」名義のシングル、アルバムは以下の通りである。

※JUDE名義と云うのは、浅井健一は活動の幅が広く、ブランキー解散後は「UA」と結成した「AJICO」にも参加しているし、自身のバンド「SHERBETS」も現在進行形なのだ。椎名林檎の「罪と罰」でもギターを弾いていた。

シングル

  1. DEVIL
  2. シルベット
  3. 海水浴
  4. SILVESYER & JHONNY K
  5. SHAMPOO

アルバム

  1. CHARMING BLOODY TUESDAY
  2. DIRTY ANIMAL
  3. HIGHWAY CHILD
  4. ZHIVAGO
  5. ELECTRIC RAINBOW

そしてベストアルバム「SHOCKING BLACK」である。

JUDEの曲には「物語」がある。Photo_2 それも日常的な物語から、ファンタジー、御伽噺的な物や世界平和まで、様々なのだ。1stアルバム収録の「ZOWIE」ではカップルの痴話喧嘩の中で「喧嘩は止めよう、だって地球はこんなに美しいんだから」と云う男に対し「冗談じゃない!北極の氷が溶けて、地球は水に沈みかけてるのよ!」と女が云ってのける。

「僕の恋人」では、不思議系の彼女との愉快な日常が続くが、ある日、彼女がテレビを観ながら泣いているのだ。お腹を空かせ、死んでいく子供がテレビに映っていたのだ。それだけなら涙なんか出ないけど、その後に流れたCMが軽薄すぎて「この国はどこまで落ちてくの?」と悲しむのである。

ブランキー、シャーベッツでもベンジーの詩には強烈なメッセージが在るが、JUDEは格別である。シャーベッツの新作「ナチュラル」に収録された「未来のマシン」と云う曲もお気に入りだ。つまり、ベンジーの曲は最高なのである。

現在ソロ名義での活動が続いているが、再びJUDEの復活を願いたい。

ちなみに、ソロ名義第1作シングル「危険すぎる」には椎名林檎姫がコーラスで参加していたのは余談である。

|

« シベリア・マッドネス | トップページ | 休日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

音楽・邦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199372/6244670

この記事へのトラックバック一覧です: JUDE:

» 椎名林檎 「さくらん」のテーマ曲『この世の限り』の歌詞を動画で! [椎名林檎の画像つき歌詞の紹介]
椎名林檎が3年ぶりに「椎名林檎」名義で出したシングル『この世の限り』。 椎名林檎の実兄「椎名純平」と椎名林檎の音楽プロデューサーの「斎藤ネコ」による合作。『この世の限り』は蜷川幸雄の長女でフォトグラファー蜷川実花の初監督作品「さくらん」のエンディングテーマ曲でもあります。 ... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日) 15:25

» いい感じのカップル [恋人つなぎのしあわせ]
帰りの電車の中で今日もクタクタだったので、座りました。しばらくすると大学生くらいのカップルが僕の前に立ってました。なんか、爽やかカップルもちろん、「恋人つなぎ」してます。いいね、若い人は(ワシも君たちの頃はそうじゃった・・・)で、僕の隣が空いたので彼氏が座りました。 彼女は立ちで、彼がかばんをゴソゴソアーモンドチョコを出して、彼女に あーん彼も食べようと思ったら、コロコロと彼氏と僕の間のシ�... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日) 17:36

« シベリア・マッドネス | トップページ | 休日 »