« グチャグチャでビチョビチョの映画 | トップページ | コピーコントロールCDの解除方法を紹介 »

明日はどっちだ?

Top_ajoe2_1 「立てぇ!立つんだぁ~ジョー!」有名な台詞である。「あしたのジョー」である。とんでもなく知名度の高い漫画なのだが、実際に読んだ事のある方は意外に少ないのではないだろうか?と、私は感じている。

この漫画は「熱血スポ根マンガ」ではない!と、勝手に思っているのだ。※勝手気儘なレビューである。申し訳ない。

「矢吹丈」と云う青年の、壮絶なボクシング人生を描いた漫画なのだ。少年院の喧嘩ボクシングに始まり、永遠のライバル「力石」との死闘、力石の死・・・。力石を死に追いやったことで顔面にパンチを打てなくなるジョー・・・。「天才カーロス・リベラ」との出会い、減量による苦しみ、そして世界チャンピオン「ホセ・メンドーサ」との死闘・・・。試合終了後、「燃えつきたよ・・・真っ白に・・・」の台詞。1ee075c7300d52fa1860l_1 矢吹丈は死んでしまったのか?それは定かではないのである。

スポ根ではない。男の世界である。ジョーは力石に吐き捨てる「テメェ!ぶっ殺してやる!」だが、ジョーは最後まで力石に勝てないのだ。天才カーロスとの死闘も引き分け、ホセ・メンドーサにも敗北・・・。主要な試合では常に敗北のジョーなのだ。だが、負けてもジョーはカッコよいのだ。

次第にパンチドランカーへと向かうジョー・・・

青春を歐華するとか云い、やりたいコトも判らないまま無駄な人生を過ごす若者より、意味の在る青春なんだ。それがジョーのボクシング人生である。

「劇場版あしたのジョー」は、そんな「矢吹丈」が永遠のライバル「力石徹」と闘い、死に追いやる原作の中盤までがコンパクトに纏められた必見版である。現代のアニメとは違い泥臭い作画のアニメである。今観ると、リアルであり、迫力満点であり、新鮮な驚きのあるアニメなのだ。

「立てぇ!立つんだぁ~ジョー!」は知ってるが、あしたのジョーを観たことない人にはお勧めのアニメである。もちろん!原作も見逃せないので合わせてお勧めしたい。

|

« グチャグチャでビチョビチョの映画 | トップページ | コピーコントロールCDの解除方法を紹介 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

いやはや面目ないです。
確かにその通りですよね、カーロス・リベラですわ!
バリバリ伝説も好きで昔読んでたので、混同していたようです。
ご指摘どうもでした。

投稿: スターダスト | 2008年3月 6日 (木) 22:11

カルロス・サンダーはバリバリ伝説に出てきたライダーで、ジョーのライバルはカーロス・リベラですが

投稿: | 2008年3月 6日 (木) 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199372/5806627

この記事へのトラックバック一覧です: 明日はどっちだ?:

« グチャグチャでビチョビチョの映画 | トップページ | コピーコントロールCDの解除方法を紹介 »